【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|四皇すら従えていた事実!

Pocket

【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|ロックス・D・ジーベック

【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース957話でついに明かされたロックスの謎が、四皇すら従えるDの名を持つ海賊、『ロックス・D・ジーベック』であった事実についての考察から、

  • 【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|目指すは海賊王ならぬ世界の王!
  • 【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|歴史から消された灯、ロックス
  • 【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース957話考察】ロックスはDの名の海賊!|目指すは海賊王ならぬ世界の王!

ロックスは海賊だった!Dの名を持つ海賊は後の四皇すら従えていた!~歴史から消された灯、ロックス・D・ジーベック!?~

ONE PIECE 957話では、ついにあの噂が噂を呼び、甲塚も幾度となく記事として取り上げていた謎の存在『ロックス』の正体が明らかになりました!
 
海賊ロックス・D・ジーベック!
 
今回はそのロックスことロックス・D・ジーベックについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

目指すは海賊王ならぬ世界の王!

40年前、ロジャー以前に最強だったと言われていた『ロックス』の正体は、『ロックス海賊団』であったわけですが、船長の本名は
 
ロックス・D・ジーベック
 
であり、シルエットからはツンツンヘアーのいかにもファンキーそうなビジュアルに見え、おまけに『D』を名前に持つ人物だったようです!
 
若き日のカイドウ、ビッグマム、また、あの白ひげすら彼の海賊団のクルーだったようです!
 
また、あの金獅子のシキやバギーが求める財宝の主、故キャプテン・ジョンまでもロックス海賊団出身だったそうです!
 
彼は海賊王ではなく、『世界の王』になるために活動していたようですが、その目的が全てを『支配』するためであるのなら、ルフィとは真逆で、黒ひげに近いキャラクターであったのかも知れないと思えます。
 
しかし38年前、ゴッドバレーという島で誰も止められず最強と呼ばれたロックス海賊団は壊滅したようです。
 
無論、ロックス海賊団壊滅に最大の武功を挙げたのが、これを機に『海軍の英雄』と呼ばれるようになった海軍中将モンキー・D・ガープ!
 
しかし、ガープがロックスを討ち取ったという表現は未だなく、今回もセンゴクが今はこの世にいないという表現しています。
 
ガープが逮捕し、そのあと極刑に処せられたのかも知れませんが、若いガープが見た事ないような形相で血だらけになっているところ、また世界の王になることを望んでいたというところから、甲塚は『もしかして…』と思ってしまうのですよね…
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする