【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|シャンクスとの関係は?

Pocket

【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|ついに追われる身に!

【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース956話でついに七武海制度が廃止された事が明らかになり、再び賞金首となったミホークについての考察を、

  • 【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|七武海制度廃止の真相?
  • 【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|鷹の目の真の恐ろしさ
  • 【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|ミホークはどうなる?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE956話考察】ミホークが七武海制度廃止により賞金首に!|七武海制度廃止の真相?

ミホーク、七武海制度廃止により賞金首に返り咲いた事についての考察~シャンクスとの関係の事はどうなんだ!?~

ONE PIECE 956話では、七武海制度が廃止になり、海軍が元七武海メンバーを逮捕すべく動き出し、それを受けた元七武海メンバー達のリアクションが描かれていました!
 
中でも注目なのが鷹の目のミホークの動向!
 
今回は、単騎でありながら、海軍の大兵力に包囲されて武者震いをして喜ぶミホークについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

七武海制度廃止の真相?

七武海制度廃止を提唱したのは、おそらくアラバスタのコブラ王、ドレスローザのリク王だと考えられ、志を同じくする海軍大将藤虎の後押しもあって、今回の世界会議で議決されたのだと思います。
 
七武海により国家存亡の危機にまで陥れられたアラバスタとドレスローザの王の言葉は非常に重く、強力な説得力があったでしょうね。
 
しかし、それは表向きの理由であると思われます。
 
甲塚思うに、藤虎はベガパンクの新兵器を見て、もう七武海は必要ないと断言していましたが、それは藤虎だけの見解でなく、世界政府の判断であると考えられます。
 
言葉は悪いですが、七武海は海賊であり、海賊行為を黙認する代わりに世界政府に協力する義務を追う、いわゆる飼い犬のような存在でした。
 
しかも、行儀は悪いし言うことを聞かない可愛くない飼い犬です。
 
もし、それに代わる…いや、それ以上に海賊に対しての抑止力となるものが世界政府が完全に制御できるものとして手の内にあるのなら…
 
言う事を聞かない飼い犬はもはや必要ありません。
 
逆に海賊として取り締まる必要が生じます。
 
おそらくは、どさくさに紛れて世界政府や海軍の闇の部分の罪をなすりつけたりもしている事かと思います。
 
また、おそらく元七武海メンバーに差し向けられた海軍には、ベガパンクの新兵器が与えられているはず。
 
藤虎が七武海などいらないと言った意味がわかるかも知れませんな!