【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|堕ちていなかった事実

Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|ドレークは何故カイドウの部下に?

 

ドレークは何故カイドウの部下に?

カイドウはビッグマムとともにロックスに関係が深い海賊ですな。
 
ビッグマムは疑い深く、その懐に入るのは難しい。
 
しかし、常に戦力増強を欲するカイドウは、実力さえあれば近づく事は容易!
 
ドレークはカイドウの懐に潜り込み、ロックスやカイドウに連なる海賊以外悪党を暴き出そうとしているのでしょう。
 
海賊以外の悪党とは、天竜人はもちろんの事、彼らと取引している闇の帝王達や世界政府高官等の闇の勢力です。
 
彼らのやっている事が世界や民衆の利益になるような事では断じてないと感じませんか?
 
しかし、ドレークにとって全く予期しなかったのがカイドウとビッグマムの海賊同盟の誕生!
 
ドレークはコビーにそれを伝えていましたが、これがSWORDの任務にとってマイナスとなるのか、プラスとなるのか?
 
今後の展開が非常に楽しみでなりません!
 
この記事でのご紹介は以上になります。
 
最後までお読み頂き、誠に有難うございました!
 
その他のワンピース関連記事
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする