【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|堕ちていなかった事実

Pocket

【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|根っからの海兵!

【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース956話で、ドレークが未だ海兵であり、海軍の特殊部隊SWORDの隊長であったという事についての考察を、

  • 【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|根っからの海兵だった?
  • 【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|SWORDとは?
  • 【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|ドレークは何故カイドウの部下に?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ONEPIECE956話考察】ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事|根っからの海兵だった?

ドレークが海軍の特殊部隊SWORDの隊長だった事についての考察~四皇以上の悪を取り締まる特殊部隊か?~

ONE PIECE 956ので判明した衝撃の事実!
 
堕ちた海軍将校、海賊X・ドレークが海軍機密特殊部隊SWORDの隊長だった!
 
今回は謎の多いX・ドレークとSWORDという特殊部隊の役割について妄想たっぷりに考察してみます!
 

根っからの海兵だった?

ドレークは海軍将校だった父バレルズを尊敬し、海兵に憧れる少年だったが、何らかの原因で海賊になってしまった父から虐待されながらも従っていた。
 
しかし、オペオペの実を手に入れたバレルズがそれを欲するドフラミンゴとの取引きに失敗し、殺害された際に海軍に保護され、海兵となり少将にまで出世するが、父と同じく海賊に転身し、最悪の世代の一角に挙げられるまでになっていた。
 
また、今は周知の通り四皇カイドウの飛六胞の一人として活動しているというのがドレークの簡単な経歴。
 
しかし、今回ドレークがSWORDの隊長ということが判明し、彼が海賊になった事も任務のうちであるという事ができるようになったわけです。
 
甲塚は、ドレークが自らの意思で海賊になったのなら、それは世界政府、海軍の闇の部分を見て嫌気が指して、それを暴き出す為に海賊に転身したという見方をしていたのですが、世界政府や海軍の闇を暴き出すという点はSWORDとも繋がっていそうな気がします。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする