【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|くいなの死にも関係あるのか?

Pocket

【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|違法出国の理由は?

ワンピース955話ネタバレゾロに閻魔ルフィは流桜


【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース955話で明らかになった閻魔と和道一文字の制作者が霜月コウ三郎であるという事実に基づいた考察を、

  • 【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|霜月コウ三郎とコウシロウ
  • 【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|閻魔と和道一文字とゾロ
  • 【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|コウ三郎とくいな

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|霜月コウ三郎とコウシロウ

ワンピース955話ネタバレゾロに閻魔ルフィは流桜

霜月コウ三郎が閻魔と和道一文字の製作者だった事についての考察~コウシロウの父か兄か?くいなの死の真相にも関係ある?~

ONE PIECE955話では霜月絡みでまた新たな事実が!!
 
なんと、おでん様の愛刀閻魔と、ゾロがくいなから受け継いだ和道一文字の作者がともに50年以上前にワノ国を違法出国した『霜月コウ三郎』なる人物であることが天狗山飛徹の口から明らかになりました!
 
今回はこの件について妄想たっぷりに考察してみます!
 

霜月コウ三郎とコウシロウ

50年以上前にワノ国を違法出国したという『霜月コウ三郎』。
 
数十年前にワノ国の船が東の海に到達した事実があるようですが、この事実とコウ三郎の違法出国を繋げずにおく事ができましょうか?
 
また、コウ三郎という名前からコウシロウと結びつけずにいられましょうか?
 
とにかく、東の海のシモツキ村とコウシロウはこの霜月コウ三郎と縁が深いというのは誰もが思い当たる事でしょう!
 
現在、コウシロウは51歳だと何かで見た記憶があるのですが、それならばコウ三郎はコウシロウの父か兄…父である可能性が高いように思えます。
 
ならやはりコウシロウはワノ国出身になるのか?と思えますが、コウ三郎が50年以上前にワノ国を違法出国し、東の海に到達したと考えると、コウシロウはもしかしたらワノ国の血を引いた東の海生まれの人間であるのかも知れない。
 
名前がコウ四郎かコウ士郎だったりせずにコウシロウと表記れているのは、ワノ国生まれではないという意味かも知れない。
 
また、霜月という姓からワノ国の名家出身であり、シモツキ村を開いた人々の指導者的立場だったとも考えられますな。
 
また、海軍や海賊には刀を武器に戦う強者が多数存在しますが、現在、刀を使うものが多いのにも50年以上前にワノ国を違法出国した人間達がからんでいるような気にもなります。
 
海軍が海楼石のアイテムを所持使用している事にも絡んでいたりするのではないか?
 
霜月コウ三郎…
 
かなり重要な人物であるかも知れませんな!