【ワンピース考察】ヒョウ五郎とルフィの覇気の違いについて|放射型?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース考察】ヒョウ五郎とルフィの覇気の違いについて|合気道との関係

ワンピース939話ネタバレ小紫=日和確定ルフィヒョウ爺

合気道との関係

甲塚は別記事にて、現在ルフィが模索中の覇気は、日本の武道『合気道』に通じるのではないかと書いていますが、合気道は『合気』と『呼吸力』という二つの概念を基本をしているようです。

【ワンピース考察】ヒョウ五郎の覇気とルフィの成長|合気道がヒント

『合気』とは、相手の力に力で対抗するのではなく、相手の気に自らの気を合わせにいき、攻撃を無効化させる法であり、『呼吸力』とは呼吸のように自然で無意識な力の使い方を指し、気そのものを指すものであるようです。

甲塚的には『呼吸力』を『覇気』、『合気』をその使い方として捉えると、ルフィが模索する覇気の使い方のイメージが湧きやすいのではないかと思います。

ルフィはギア4を発動した全力全開の猛攻を全て直撃させたにも関わらず、カイドウに有効なダメージを与えられませんでした。

あれはカイドウがルフィの覇気に己の覇気を合わせにいき、無効化したのだと考えれば説明がつくように思え、また、カイドウはそれを無意識に行えるほどに熟練し、体に染み付いているのだとも考えられます。

また、カイドウは雷鳴八卦一撃でルフィを戦闘不能にしましたが、それもルフィの覇気に合わせて無効化した上で己の覇気を金棒に乗せたのだと考えると少し理解できますな。

ゴム人間であるルフィが打撃で戦闘不能にされたのは、ルフィがガープに殴られたり、戦桃丸に吹き飛ばされたのと同じ原理であったかと思います。

覇気は、ロギアにさえ触れてダメージを与えられますからね。

また、ヒョウ爺は老いてやせ細りながらも、覇気によりアルパカマンを一撃でKOしてしまいましたが、合気道は体力体格差によらず相手を制する事を極意とした武道であるので、そこも共通点だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする