【ワンピース考察】河松は河童!その正体は魚人か?|ONEPIECE939話から


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース考察】河松は河童!その正体は魚人か?|幻獣種ではない?

ワンピース939話ネタバレ小紫=日和確定ルフィヒョウ爺

幻獣種ではない?

河松が河童であるなら、幻獣種の可能性もあるかと思っていたのですが、939話では日和を助けるために水の中を泳ぐシーンがありますので、溜まった水が弱点である悪魔の実の能力者である可能性は極めて薄くなりました。

まあ、河童は水棲の妖怪なんで、ハナから可能性は薄かった事に今気づきましたが(笑)

しかし、カイドウの龍をはじめ、マルコの不死鳥、デボンの九尾のキツネなど、幻獣種は妖怪や神獣の類のものでありますな。

甲塚はここに注目しているのですが、幻獣とはありえない想像上の生き物の事であり、伝説や神話の中で語り継がれているものです。

それが悪魔の実の能力として出てくる事自体が大きな謎です。

また、そのカテゴリーにはいるらしい河童が厳然と存在しているという事は、かつては龍や九尾のキツネは実在していたのかも知れない。

これに関しては別記事で何度か触れている事ですが、幻獣種や古代種の存在は必ずやONE PIECEの大きな謎に繋がっているはずです。

ONE PIECE世界には、現実世界のオカルトでいうアカシックレコードのようなものが人間が認識できる形で存在しているのかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする