92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|鬼人のあの人?


92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|フーシャ村酒場扉修理の人と和の国の人は別人

92巻SBS港友さん子孫考察

92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース92巻のSBSのコーナーで尾田栄一郎先生が、ワノ国で大工の棟梁としている港友さんと、過去のSBSでフーシャ村の酒場の扉を修理したとされていた港友さんが別人であったという事実と、さらには東の海に港友さんの子孫が居てその子孫がすでに既出のキャラであると言う事が分かったことから港友さんの子孫がだれであるのかという考察を、

  • 92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|数十年前の港友さん
  • 92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|港友さんの子孫とは?
  • 92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|子孫は鬼人のあの人か…?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

92巻SBSで明らかになった港友さんの子孫について考察|数十年前の港友さん

92巻SBS港友さん子孫考察

ワンピース、港友さんの子孫についての考察~港友さんの子孫は鬼人のあの人か?~

ONE PIECE最新92巻のSBSでは、現在ワノ国編で登場している大工の棟梁『港友さん』についての言及がありました。

港友さんと言えばONE PIECE第1話にて山賊ヒグマが壊したドアを瞬時に修理した『港友さん』の存在があり、甲塚は同一人物であると思っていたんですが、実はそうではなく第1話の港友さんとワノ国編の港友さんは姓は同じで血の繋がりはあっても別人だそうです。

また、第1話の港友さんは数十年前に東の海に子孫を残したらしいのです…

今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!

数十年前の港友さん

92巻SBSによると、数十年前にワノ国の船が東の海に到達しており、その際に港友さんは子孫を残した…

しかも、その人物は我々読者が知っている人物らしいです…

まず、港友さんから考えてみたいと思います。

数十年前、ワノ国の船が東の海に到達したらしいのですが、普通に考えると、それは光月おでん様絡みの船でしょうな。

おでん様は鎖国国家ワノ国においては異端児であり、白ひげやロジャーの船に乗り航海していた事実があります。

しかし、SBSでは『ワノ国の船』と書かれていますな。

もしかしたら、おでん様は白ひげやロジャーと航海する前に単独で航海していたか、もしくはワノ国と東の海にはなんらかの関係性があるのかも知れない…

それはまた別記事にて考察したいと思いますが、港友さんがその船に船大工として乗船していた可能性は高い…

しかも、港友さんは子孫を残しているくらいですし、第1話段階では東の海にいたはずですから、そのままワノ国には帰らなかったとも考えられます。

今も東の海にいるのかも知れない…

おそらく、港友さんもおでん様と同じく異端児で、鎖国国家ワノ国を窮屈と感じて飛び出したクチかも知れませんな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする