小紫の平手打ちからその正体が日和と思う事についての考察|誇り高い武士の娘?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

小紫の平手打ちからその正体が日和と思う事についての考察|狂死郎が助太刀?

狂死郎が助太刀?

ラストでは、狂死郎が刀に手をかけていましたね…

なら、狂死郎はその刀を誰に向けるのか?

甲塚は、狂死郎は小紫の正体を知っていると思っています。

正体を知った上で小紫を花魁にまで育てあげたのだとも思っています。

小紫の正体が光月日和であるなら、狂死郎はそれを知った上で日和を育てた事になる…

もしかしたら、小紫と狂死郎は共通の目的を持って行動しているのかも…?

無論、オロチ打倒かカイドウ打倒ですな!

甲塚的には

『狂死郎は悪党』

というのは変わりませんが、ワノ国を他所者に汚されるのは我慢がならないという可能性もあります…

あ、甲塚はオロチもワノ国の人間ではないのではないか?とも考えてはじめていますので…

狂死郎の刀が誰に向けられるのか?

もしかしたら小紫をかばう為に小紫自身を峰打ちか、曲者ロビンの正体を掴んでいて、場の空気を変える為にロビンに刀を向ける可能性もありますな…

狂死郎の刀が誰に向けられるかが非常に気になります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする