ワンピース929話のページワンとドレークから見る古代種と悪魔の実の謎|アカシックレコード?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース929話のページワンとドレークから見る古代種と悪魔の実の謎|血統因子

ワンピース929話ページワンドレーク古代種悪魔の実

血統因子

ONE PIECEにおける『血統因子』は、現実世界におけるDNAの事であると推測されます。

また、血統因子は『生命の設計図』とも言えるものであるらしい…

生命の設計図であるなら、それを元にその生命を人工的に再現したり、また、欠点となる部分を改善し、更に強い生命として改良する事もまた、技術さえ伴えば不可能ではないでしょう。

また、その研究を突き詰めてゆけば、その生命のルーツすら解き明かす事も不可能ではないでしょう。

天才科学者ベガパンクはこの血統因子を発見した事により世界政府から危険視され、研究チームもろとも世界政府の管理下に置かれる事になりました。

世界政府が危険視するという事は、その『生命の設計図』から判明し得る何らかの事実が明るみに出る事を恐れての事であり、それがまた『空白の100年』に繋がっているという可能性はかなり高いかと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする