キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|赤髪の二面性について考察


キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|ルフィが持つイメージとの違い

キッドの腕シャンクス

キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース928話で明らかになったキッドが赤髪海賊団との抗争の際に腕を失った事から、キッドの腕を落としたのはシャンクス本人なのか?またシャンクスには二面性があるように感じる事から、キッドとルフィが持つシャンクスに対するイメージのちがいについての考察を、

  • キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|ルフィとキッドのシャンクスに対するイメージの違い
  • キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|東の海以外ではイメージが違う?
  • キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|裏シャンクス

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キッドの腕を奪ったのはシャンクス本人?|ルフィとキッドのシャンクスに対するイメージの違い

キッドの腕シャンクス

シャンクスがキッドの腕を奪った?シャンクスにはやはり裏の顔があるのか?

ONE PIECE 928話で明らかになった

『キッドの左腕は赤髪海賊団との抗争で失われた』

という事実が話題になっていますね…

今回はそれについて考察してみます。

ルフィとキッドのシャンクスに対するイメージの違い

赤髪のシャンクスは、ルフィにとっては憧れの存在…

ルフィが海賊に憧れ、その道に入ったのは、シャンクスからの影響が大きいというか、どう見ても、そのまま影響されていますよね?

ルフィから見れば赤髪のシャンクスは男らしく細かい事は気にしない豪快な性格で、山賊にコケにされても、それをネタに仲間と大笑いしているような楽天家でもありました。

しかし、自分が大切に思う存在が傷つけられたらしたなら、いかなる理由があろうとも、それは絶対に許さない…

また、相手が誰であろうと分け隔てなく接するという部分も、ルフィは大きな影響を受けており、ルフィにとってシャンクスは文字通りの『ヒーロー』的な存在ですな。

しかし、甲塚が見るに、キッドやキラーがシャンクスに持つイメージはルフィのそれとは真逆なのではないか?

甲塚がそう思うのは、キラーが

キッドの腕シャンクス

『おれ達の標的は『四皇』赤髪のシャンクスだ!!』

と宣言したシーンで、キラーのバックにあるシャンクスの表情です。

その表情は海賊らしい残忍で狡猾なイメージをそのまま表現したようなものでした。

シャンクスは本編中で何度か海賊らしい不敵な笑みを見せてはいますが、キラーのバックにあるシャンクスの表情は他にないほどの悪党面…

この一コマが、キッドとキラーがシャンクスな持つイメージを現していると感じるのです。

また、赤髪海賊団との抗争で左腕を失ったキッドですが、それはシャンクスに奪われたとも言えるでしょう。

ルフィからすれば、シャンクスが敗者から更になにかを奪う事なんて絶対にしないと感じるかも知れませんし…

しかし、キッドの発言の後にルフィがそれについて何も発言しなかったのは不思議な気がします…

キッドから赤髪の名前が出たなら、ルフィはそれに絡んでいくような気がするんですがね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする