ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|巷で囁かれている説を掘り下げてみます


ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|夜明けの時とは?

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではONEPIECEの中で未だ謎のジョイボーイ。

そのジョイボーイ=ズニーシャという説が囁かれていることについて

  • ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|巨大な像
  • ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|空白の100年に実在した
  • ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|夜明けの時は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|巨大な像

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ

『ONE PIECE、ズニーシャ=ジョイボーイ説についての考察』

半人半獣のミンク族の国、モコモ公国を背に乗せて海上を移動し続ける巨像、『象主(ズニーシャ)』。

甲塚も別記事で少し触れていますが、巷では、『ズニーシャ=ジョイボーイ説』が囁かれているようですね。

今回は、それを掘り下げて書いてみたいと思います。

ズニーシャについて

ズニーシャは小規模とは言え、国一つをその背に乗せている途方も無い大きさの象で、おそらく、どんな海王類よりも巨大でしょう。

彼は、何らかの罪を犯し、歩く事を命じられている以外、自分の意思では何もしてはいけないようです。

しかし、彼の声が聞こえるルフィとモモの助、特に交信できるモモの助の命令により、ズニーシャ=モコモ公国を攻撃してきたカイドウ麾下のジャックの船団を圧倒的な強さで撃退しました。

これにより、彼は意思を持ち、感情を持つ事がわかります。

海王類達もしらほし姫と交信していましたが、同じような原理なのかも知れません。

交信できる者は、『命じる者』と捉える事ができ、それは人間以外の種族であるとか、世界政府の枠からはみ出た存在であるのかも知れません。

そもそも、ズニーシャや海王類達は、人間の制御を超越した存在で、ズニーシャは1000年も生きていると言います。

1000年と言えば、空白の100年より以前から生きていたという事になりますね。

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|空白の100年に実在した

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ

ジョイボーイについて

ジョイボーイは、魚人島のポーネグリフのメッセージを残した人物で、空白の100年に実在した人物だそうです。

彼は、当時の魚人島の人魚姫と何か大切な約束を交わしており、それを果たせなかった謝罪文がポーネグリフの文面のようです。

ポーネグリフは、ワノ国の光月一族が作ったものである事が明かされていますが、これで少なくともジョイボーイはワノ国と魚人島と交流があった事がわかります。

また、彼は海王類を従える力を持った人魚姫、つまり古代兵器ポセイドンを正しく導く存在であったようです。

また、約束は果たせなかったが、必ずジョイボーイの代わりに約束を果たす者が現れる事を予言しています。

魚人島にある巨船ノアは、その約束の時に動かすべきもので、それを動かすのは海王類達の役割であるようですね。

しかし、気になるのはジョイボーイが何故『謝罪文』をポーネグリフに刻んだのか?

どんな方法を用いても傷一つつける事ができず、朽ちる事もないポーネグリフ…

考えられるのは、

彼はポーネグリフを通してしかコミュニケーションがとれなかった…

また、

メッセージを永遠に伝え続ける必要があった…

謎は深まるばかりです。

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ|夜明けの時は?

ONEPIECEズニーシャ=ジョイボーイ

ズニーシャ=ジョイボーイ説

ズニーシャは罪を背負っており、ジョイボーイは約束を果たせなかった『謝罪文』を残しています。

この二つを繋げると、約束を果たせなかったジョイボーイが、その罪により今もズニーシャとして生きて許される日を待っている、という仮説が出来上がります。

甲塚が気になっている事は、ズニーシャが海上を歩いている事です。

彼ほどの巨体なら、海底に足をついて歩けるかも知れませんし、そもそも絶対に浮いていられるわけがありません。

甲塚は、

『海に嫌われている』

つまり、海に拒絶されているが故に、海水に浸かれないのかも?

と、思うのです。

悪魔の実を食べた人間は、普通の水なら平気なのに、海水に浸かると能力は無くなるし、弱ってしまいます。

ズニーシャは悪魔の実を食べる以上の罪を犯してしまったのかも知れません。

ズニーシャ=ジョイボーイ説で考えるなら、もしかしたら、ジョイボーイは世界で初めて悪魔の実を食べた存在なのかも知れません。

我々の現実世界の旧約聖書のアダムとイブの物語。

神が食べる事を禁じた知恵の実を悪魔が変身した蛇に『その実を食べたら神と同じになれる』とそそのかされて食べてしまったイブ。
イブはまた、アダムをそそのかしてアダムにも実を食べさせてしまった。
二人はその罪により、不老不死で幸福しかない神の楽園を追われて過酷な外の世界で苦しみと共に生きる事になりました。

その罪を『原罪』、つまり全ての『罪』の元になったというエピソードですが、ジョイボーイが禁じられていた悪魔の実を食べた事によって『原罪』のような償いきれない大罪を犯し、ズニーシャとして生きているという可能性はありますね。

しかし、そう考えると、ONE PIECE世界の『神』や『創造主』と言える存在が『海』そのものである可能性もらありますし、『海』こそが『楽園』だったという可能性があります。

ジョイボーイはその罪をにより、創造主が創ったONE PIECE世界の枠の中からはみ出したのかも知れません。

故に、創造主が作った世界に、自分の意思では介入できなくなり、魚人島との約束を果たせなくなったという事も考えられます。

枠からはみ出る事が『夜明けの時』か?

アダムとイブの話ですが、知恵の実を食べた事は創造主からすれば罪ではあります。

しかし、その罪は人間に『自由意思』を与えていた事に端を発します。

自分で考え、自分で決める

神の楽園の中にあっては、神の言葉が全てであり、神に従う事が自然で、それに反抗する事など考える事もなかったかと思います。

神は、自分が決めた幸福観を、自ら創った人間に押し付けていたとも取れます。

アダムとイブが実を食べたのは蛇にそそのかされたのではなく、自らの意思で食べたいう見方もあり、それは神との決別を意味し、子が自分の意思で親の保護下から社会へ飛び出していく事にも例えられています。

もしかしたら、ジョイボーイは神、創造主から決別する事を選択し、自ら罪を犯したのかも知れません。

彼は罪を背負う事になりましたが、その意思、つまり『自由意思』はその次の世代に受け継がれた。

それが『D』…

ジョイボーイは『D』だった?

それが『D』と言いたいところですが、『D』はジョイボーイの時代よりも古くから存在していたようなので、ジョイボーイは『D』だったのかも知れませんね。

ジョイボーイの後継者としてはロジャーとルフィが確定といえるほどの有力候補ですが、ロジャーは故人。本命はルフィでしょう。

ジョイボーイにもロジャーにも果たせなかった何かを、ルフィは果たさなければならないようです。

話は戻ります。

ズニーシャ=ジョイボーイ説は成り立つとは思いますが、別の存在である可能性の方が高いかと思います。

ジョイボーイは、もしかしたら『ひとつなぎの大秘宝』を残した人物と甲塚は考えます。

これは甲塚の大妄想の一つですが(笑)

『ひとつなぎの大秘宝』の正体は悪魔の実で、『チエチエの実』。

森羅万象の全てを知り得、『全知』の能力を得る事ができ、歴史の全てを知り得る。

しかし、これは悪魔の実の能力者は食べる事が出来ませんね(笑)

ジョイボーイもロジャーも食べる事ができず、ルフィも食べられません。

もしかしたら、悪魔の実ではなく、本当に知恵の実かも知れません。

それを食べた者が、世界に夜明けをもたらすのかも知れません。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のワンピース関連記事】

ONEPIECEドラゴンについての考察|行動と真意

ONEPIECEドラゴンの能力は?|今後物語に大きく関わってくるであろうルフィの父

ONEPIECEくまの真意は?|その行動には謎の部分が多いですが・・・

ONEPIECEのDの意味は?|『夜明け』というワードから考える

ワンピースの空白の100年考察|ONEPIECE最大の謎の1つに迫る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする