ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|光と陰


ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|似て非なる者

ワンピース925話ネタバレ火災のキングマゼラン考察

ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース925話で登場したキングとインペルダウンの元署長のマゼランの容姿が似ていることから2人を比較考察してみた内容をネタバレも含みますが、

  • ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|心優しく、真面目なマゼラン
  • ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|火災のキング
  • ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|キングのマスクの理由

以上の考察に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース925話ネタバレ!火災のキングとマゼランを比較考察|心優しく、真面目なマゼラン

ワンピース925話火災のキングマゼラン比較考察

火災のキングとマゼランを比較考察~似て非なる者、インペルダウンの光と陰~

ONE PIECE925話に登場した火災のキング。

彼の風貌はインペルダウン現副署長のマゼランに酷似しています。

しかし、その人格はかなり違うように思われます。

今回は、火災のキングとマゼランを比較しながら、インペルダウンについて妄想たっぷりに考察してみます!

ワンピース925話火災のキングマゼラン比較考察

心優しく、真面目なマゼラン

マゼランは、その風貌からは想像しにくい優しい性格であるように思われます。

彼は部下達にもかなり慕われているようですし、これでもかというくらい署長の座に対しての野心を露わにしていたハンニャバルに対しても器の大きさを見せ、ハンニャバルが命がけでルフィを止めようとして、重傷を負った際には、

『オレの後継ぎはお前しかいない』

と、絶大な信頼を置いている事を素直に伝えていました。

それは、彼が凶悪な囚人達が脱獄する事によって社会に生まれる新たな悲劇を食い止め
ようとするハンニャバルの正義の心と責任感を評価しての事だったと思えます。

それ故に、マゼランがインペルダウン署長として、まず第一にしているのが、獄外に生きる善良な一般人の平和で幸福な生活を守る事であると甲塚は思います。

また、マゼランは少年時代からドクドクの能力であり、彼は汗すらも毒気を帯びている為に、花に水もやれないと嘆いていたようです。

『火災のキングとマゼランについての考察~悪魔のような見た目は兄弟?同族?』 925話で初登場した百獣海賊団三害の一人、『火災のキング』! 彼を見て、おそらくONE PIECEファン全ての人々が 『インペルダウン署長マゼラン』 を思い浮かべたはず! 今回はそれにフォーカスを合わせ、考察してみます! ◯マゼランは何族? インペルダウン署長マゼランは、もう見るからに『悪魔』そのものと言った風貌。 更に、ドクドクの能力の凄まじさは、ONE PIECEファンなら誰もが知るところでしょう。 『この世の地獄』 と呼ばれるインペルダウンの最高責任者として、あまりにもハマりすぎていますね。 しかし、人間的にはかなりの部下思いで、責任感が人一倍強い、人格者だと言えます。 しかし、現在は2年前の『集団脱獄事件』の責任をとり、自ら副署長への降格を願いでて、現在はそのようになっている模様。 その2年後の姿が扉絵に描かれていますが、顔には大きな傷跡、更に背中の翼は片方がもげてしまったのか、片方が鉄製になっていますね。 また、頭の角も片方が剥き出しになっています。 問題なのは、そこです。 マゼランは世界政府の高官という立場のはずですが、普通の人間の風貌ではありません。 角、翼、巨体… まさに地獄の住人、悪魔に相応しい風貌… 彼の幼少時のイラストには翼はありませんが、角は確実についている… ネット上でマゼランはアクマ族ではないか?という意見を目にした事があります。 普通の人間には角や翼はありません。 甲塚も、マゼランが人間以外の種族である可能性は高いと思います! これは甲塚の妄想ですが、マゼランはアクマ族とでも呼べるような希少な種族であり、代々インペルダウンの支配者として君臨する一族の出身であるのかも知れない。 ◯インペルダウンの秘密 甲塚はインペルダウンには世間に公表されていないレベル6の存在以外にも、まだ何か大きな秘密があるように思っています。 マゼランはその秘密を知っており、マゼランの一族はその秘密を守る役目を果たす事を条件に、世界政府から高官として保護されてきたのかも知れない。 その秘密とは、空白の100年に深く関わる事であるのは言うまでもありませんな。 また、マゼランの容姿は空島の住人の姿と対極にあるような気がします。 天国の比喩であるような空島と、地獄の比喩であるようなインペルダウン… 空島にはポーネグリフがありましたよね? なら、インペルダウンにもポーネグリフがあるのではないか? もしくは、 古代兵器プルトンの隠し場所がインペルダウンであったりして… 甲塚には、インペルダウンにはまだそんな大きな秘密がありそうな気がしてなりません… ◯火災のキングとマゼラン 925話ラストで登場した百獣海賊団大看板、火災のキング。 彼の風貌はマゼランと実によく見ています。 甲塚は既出の記事で彼の翼がコウモリのようだと書きましたが、よく見るとカラスの翼のように見えますね。 また、頭の後ろには炎が揺らめいているようにも見えます。 これも既出ですが、彼は幻獣種サラマンダーの能力者ではないか?とも書いていますが、やはり火と関係が深いようですね。 もし、彼がサラマンダーのような火に関係する幻獣種の能力者なら、ドクドクの実の能力を使った『ヒドラ』という技を使うマゼランとはイメージがダブりますね。 あ、甲塚だけですかね?(笑) まあしかし、もしかすると、キングはマゼランと同族であったり、兄弟であったりするのかも知れない… もしかすると、インペルダウンの前任の署長だったりしたかも? これも既出ですが、インペルダウンに収監されたカイドウと意気投合したか、なにかの理由でカイドウとともにインペルダウンから姿を消した… インペルダウンの脱獄者は、2年前のルフィ達の大暴れによって集団脱獄した以外は、あの金獅子のシキ唯一人とされています。 しかし、レベル6の存在を隠蔽していた隠蔽大好きの世界政府なら、署長自ら脱獄幇助するような事件を隠蔽しないわけがないので、全く有り得ない事でもないように思えます… また、キングはマスクで顔面を完全に隠していますが、その素顔が非常に気になります。 なんか、漫画『バスタード』に出てくるサタンみたいですよね? 完全に顔を隠しているという事は、普通に考えると、顔を見せたくない、見せるわけにはいかなあという事になるでしょうから、物語にとっての重要人物であり得るのかも知れない… 黒ひげと行動を共にする青雉… 堕ちた海軍将校X・ドレーク… 海軍の高官が海賊寄りになっていたりもしますが、それには何か理由があるとしか思えません。 キングも、何か世界政府の闇と関わったことから、カイドウと行動を共にする事になったという可能性も、無くはないと思いますね… ◯まとめ 火災のキング、なんか魔王っぽくてカッコイイですよね! おそらく、もうすでに一目惚れの方もおられるのでは? 実は甲塚一目惚れ!(笑) キングがどんな活躍(?)を見せるのか? 今後が楽しみです! 最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

少年時代の、そんな優しさを行動に移せないというジレンマはかなりの精神的負担になったと思われます。

しかし、大人になり、インペルダウンの職員となってからは、呪わしいその能力を違う形の優しさとして行動に移す事ができるようになった…

彼は署長権限として、獄内の治安維持の為には、それの妨げとなる囚人を、自己の判断で処刑する事ができるようです。

事実、彼は囚人ではありませんでしたが、インペルダウンの治安を乱したルフィを処刑しました。

ルフィは幸運と生命力で生き残りましたが…

インペルダウンの治安維持は、獄外の社会の治安維持にも繋がる。

そのためには、彼は鬼か魔王にでもなるのでしょう。

『民衆の平和と幸福を守る』

それがマゼランの正義であり、望みなのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする