黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|10人の巨漢船長について


黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|今後誰が誰と戦うのか?

黒ひげ海賊団メンバー強さ考察

黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース925話以降でどのように本編にかかわってくるか気になって仕方がない黒ひげ海賊団のそのメンバー10人の巨漢船長と呼ばれる彼らについての強さなどの考察を、

  • 黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|強力な仲間たち
  • 黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|その力が垣間見える船長たち
  • 黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|目的は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒ひげ海賊団のメンバーの強さ考察|強力な仲間たち

黒ひげ海賊団メンバー強さ考察

ONE PIECEの黒ひげの仲間達に対する考察~十人の巨漢船長は自由気ままに時を待つ~

『四皇』の一角、黒ひげマーシャル・D・ティーチ率いる黒ひげ海賊団には、『十人の巨漢船長』と呼ばれる幹部達が存在しますね。

今回はその一人一人にスポットを当てて、黒ひげ海賊団の目的について考察してみたいと思います。

黒ひげの仲間達…

黒ひげが初登場した時、その仲間は四人でした。

ラフィット、バージェス、ドクQ、オーガー

それに加わったのが、インペルダウンLEVEL6に収監されていた最悪の犯罪者達の解放をかけたバトルロイヤルを生き残った猛者中の猛者達…

ピサロ、バスコ・ショット、デボン、サンファン・ウルフ

と、インペルダウンの看守長だったシリュウ…

以上の9名が現在の黒ひげ海賊団の幹部格であり、彼らが『十人の巨漢船長』である事は明白です。

しかし、9名しかいませんよね?

また、『巨漢船長』という響きも、ラフィットやオーガー、ドクQには不似合いであり、デボンに関しては女性ですからね…

しかし現在、一番船船長がバージェス、二番船がシリュウ、四番船がピサロ、五番船がラフィット、六番船がデボン、七番船がウルフ、八番船がバスコと明らかになっているようです。

オーガーとドクQは船長になっていないようですが…

また、元海軍大将青雉が黒ひげと行動を共にしているという事実…

黒ひげが白ひげ海賊団メンバーから世に出て、わずか3年程のあいだに、黒ひげ海賊団は超進化を遂げたわけですが、これも全て黒ひげの計画の内にあったのでしょうね…

中でもインペルダウンLEVEL6からメンバーに加えたのは、本当に計画的行動であると思われますが、扱い辛いメンバーを仲間に加えたのは、それらを力で抑えつけられるという黒ひげの絶対的自信が裏付けらとしてあるのでしょうね。

また、今は多くの傘下の海賊団を抱えてもいますし、四皇の名にふさわしい海賊団になっているものと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする