ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|繋ぐという意味


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|恩人、英雄、そして『主』

ワンピース920話ネタバレイヌアラシミンク族ジョイボーイ

恩人、英雄、そして『主』

イヌアラシはおでん様を回想しながら、モノローグで

ワンピース920話ネタバレイヌアラシミンク族ジョイボーイ

『彼こそ我らの恩人、我らの英雄、我らの主人だった!』

と涙を流しました。

イヌアラシとネコマムシにとって、恩人であり、英雄であるというのは、本当によく伝わります。

甲塚が気になるのは、

『主』

というワードです。

イヌアラシとネコマムシの両名は共におでん様の『家臣』を名乗っていましたね。

異種族であっても、分け隔てなく『家臣』として扱ったであろうおでん様の器量と精神性は、両名の忠誠心を見るとよく伝わってきます。

しかし、甲塚はこの『主』というのには、もう少し深い意味があるように思うのです。

ミンク族は独自の文化を気づいた知的な種族であると同時に、動物としての習性を色濃く残していますね。

ガルチューはペットが飼い主に対してみせる愛情表現と似ています。

甲塚はそんなミンク族の種族的特徴から、ミンク族は『主』を必要とする民族なのではないか?と思ってしまうのです。