ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|繋ぐという意味


ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|おでんは紛れも無き名君

ワンピース920話ネタバレイヌアラシミンク族ジョイボーイ

ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース920話のイヌアラシの回想シーンから、ミンク族とジョイボーイの関連性などの考察についてを920話のネタバレも少々含みますが、

  • ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|流れ着いた?
  • ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|恩人、英雄、そして『主』
  • ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|戦闘民族には主が必要

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース920話ネタバレ!イヌアラシの回想からミンク族ジョイボーイの考察|流れ着いた?

ワンピース920話ネタバレイヌアラシミンク族ジョイボーイ

ONE PIECE 920話、イヌアラシの回想から~ミンク族は主人を求めていた?ジョイボーイ?~

ONE PIECE 920話で、ようやく再登場を果たしたイヌアラシ公爵。

今回は、海を見つめながら、亡き主君おでん様を想うイヌアラシの姿からの妄想考察を書かせて頂きます。

流れ着いた?

920話では、イヌアラシの回想により、イヌアラシとネコマムシは揃ってワノ国に流れ着いたという過去があったようです。

かなり若いというか、まだ子供と呼べるような年齢であったように見えます。

流れ着いたという事は漂流していた可能性が高いですが、漂流に至る経緯は不明です。

それについては、あくまで妄想ですが、何か夢を持って海に出たイヌアラシ、ネコマムシの二人でしたが、航海技術が足らずに単に漂流したのか、お決まりのパターンとしては奴隷にされそうになったところを何とか逃れたのか…

ONE PIECEの特徴的に、後者の可能性が高いようにも思えますが…

しかし、陸地に辿り着き命は繋いだものの、辿り着いたワノ国で、二人は相当な差別的扱いを受けたようです。

鎖国中で外国人の姿を見る事すらほとんどないような状況でしたでしょうから、ミンク族を見かけたりすれば、妖怪か何かにしか見えなかったのでしょう。

しかし、そこをおでん様に救われたんですね。

『恥を知れ貴様~!異形を恐れるは己の無知ゆえ!』

これは、おでん様がイヌアラシとネコマムシをいじめる人間達に発したセリフであると思われます。

外見が自分達と違う存在を恐れるのは、相手がどんな存在かを知らないからである。

また、その外見からイメージする思い込みや決めつけによって、相手を善としたり悪としたりする狭い了見に対し、おでん様は、

『窮屈でざる!』

と思ったに違いありません!

そんなおでん様の姿と行動は、イヌアラシとネコマムシにとって、眩しいほどのかっこよさだったんでしょうね!