ワンピース920話ネタバレ!日和の正体についての考察|成長したその姿がお玉?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース920話ネタバレ!日和の正体についての考察|『お玉』なのか?

ワンピース920話ネタバレ日和正体考察お玉

『日和』は『お玉』なのか?

ここからは完全に甲塚の妄想ですが、トキは日和と共におよそ12年後の世界に飛んだのではないでしょうか?

また、甲塚は、モモの助とお玉が現在8歳という同じ年齢である事に前々から引っかかっていたのですが…

話を繋げます。

『希美』という地名が出てきましたが、これはそのまま『吉備国』、現在の岡山県や広島県に当たる地域で、日本の歴史上でも重要な土地であり、また、数多の名刀を産んだ土地で、刀鍛冶の聖地とも言えるような土地柄です。

また、桃太郎のモデルになった吉備津彦と縁の深い土地であり、桃太郎伝説発祥の地とされています。

『きびだんご』の『きび』もこれに関係しており、漢字で書くと

『吉備団子』

となり、ワノ国ならば

『希美団子』

となるのかも知れない。

これと『きびだんご』の能力を持つお玉を繋げるなという方が無理ですよね?(笑)

また、トキから20年後に光月家の復讐があると言う言葉を聞いたのが、わざわざ『希美』の侍達であるという事…

また、刀剣絡みで言えば、お玉の養育者である天狗山飛徹の存在。

飛徹の先祖である鬼徹一派も、この希美を発祥としている可能性もあります。

おでん城落城後に、およそ12年後の希美に飛んだトキは、娘である日和を飛徹に託した。

その日和が成長した姿が今のお玉ではないか?

甲塚にはそう思えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする