ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|その炎は怒りの炎!


ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|ほっペンチはキレるべし!!!

ワンピース917話ルフィ火拳銃感想考察

ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース917話の最後に炸裂したルフィの火拳銃についての感想と考察から

  • ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|ルフィ、ブチ切れる!
  • ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|炎を纏ったゴムゴムの銃
  • ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース917話ルフィの火拳銃の感想と考察|ルフィ、ブチ切れる!

ワンピース917話ネタバレスピードホールデム

ONE PIECE、917話の火拳銃についての感想と考察~その炎は怒りの炎!~

ONE PIECE917話では、ついにルフィがブチ切れました!

そして繰り出されたのが、現在のルフィの十八番と言ってもいい技である『火拳銃』。

今回は、ルフィの怒りと火拳銃についての感想と考察を書かせて頂きます。

ルフィ、ブチ切れる!

917話、腹のライオン噛次郎の口に咥えられたお玉。

10歳にも満たない子供、ましてや女の子であるお玉を人質にとり、その命を奪う事に何の躊躇も無さそうなホールデムの振る舞いに、ルフィは怒りを露わにしていました。

しかし、ルフィはホールデムが気づかないようなスピードで噛次郎に一撃を与え、お玉を奪い返しました。

そして、逃走しようとしたとき、ルフィはお玉のほっぺが腫れ上がり、傷ついているのを発見し、理由を尋ねます。

ホールデムはお玉のほっぺから生まれる『きびだんご』をペンチを使って掴みだそうとしていたのです。

『ペンチ…!!!』

幼い、力の無い柔らかい子供のほっぺを、大の男がペンチで捻りあげる…

ルフィは顔面を真っ赤にし、ついにブチ切れました。

噛次郎の口から放たれる炎など意に介せず、ルフィはホールデムの顔面に火拳銃をぶっ放しました。

ルフィは、腕力や権力を使って、他者を思いのままに操り、支配しようとする人間に対しては、ある種、異常とまで思えるような怒りを現します。

己の欲求を満たす為に、他者を意のままにして喜ぶ、というのは人道から外れに外れた心の動きであり、甲塚もそのような人間に対しては激しい怒りを覚えます。

世の大半の良識ある人間ならば、また、甲塚の記事を読んで頂いている方々も同じだと思いますが、ルフィの行動に激しく共感してしまいますよね!

あの火拳銃には、本当にスッキリさせて頂きました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 「ま」人むくぽん より:

    往時にょエースを知るお玉ちゃんへのっ、
    あまりにもむごぃ暴力を知ったルフィが
    亡きエースとともに放った火拳銃である
    からこそ胸熱ですた。。。。
    #受け継がれ行く意志
    #Dの炎は消える事はねぇ

    • kozuka.senosuke より:

      「ま」人むくぽんさん。

      コメントに記事をお読みいただきありがとうございます^^
      本当に胸のすく一撃でしたね!
      エースとともに放ったという、「ま」人むくぽんさんのお考えに私も賛同します。