ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|DQN海賊から芸術家へ!


ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|応援したくなる真剣さ


ワンピース917話ネタバレスピードホールデム

ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事絵はワンピースの扉絵シリーズで現在ベラミーの海賊旗職人への道のような内容が描かれていますが第917話の扉へからの深堀り考察を

  • ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|職人の道
  • ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|前回のは失敗作?
  • ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|シャンクス?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

この記事は動画でのご視聴も可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピース917話の扉絵からベラミーの深堀り考察|職人の道

ワンピース917話ネタバレスピードホールデム

ONE PIECE917話扉絵シリーズのベラミー染物職人転向についての考察~
DQN海賊から芸術家へ!~

ONE PIECEの扉絵シリーズ。

最近は、海賊を廃業して染物職人に転向したベラミーを主役に展開されています。

今回は917話の扉絵を考察してみたいと思います。

職人の道

915話ではベラミーは染物の町で染物職人として修業している事が明らかになりました。

ベラミーは親方らしき人から何度も頭を小突かれながら厳しく指導されているようです。

その様子から、ベラミーの本気、真剣さが伝わり、また親方もそれに応えて指導に熱が入っているように見えました。

崇拝していたドフラミンゴに対する一途さが、職人の道を志して今、大いに活かされるのではないでしょうか?

彼が染物職人の道を選んだわけは語られていませんが、染物は芸術的要素が多い世界ですので、元々そういうものに興味があったのでしょうか?

ともすれば破壊のイメージが強い海賊稼業と真逆なクリエイティブな職業を志したのは、一人の人間として生まれ変わりたいという願望の現れなのかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする