ONEPIECE913話に登場のお菊はかぐや姫か?についての考察|彼女がかぐや姫では…?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECE913話に登場のお菊はかぐや姫か?についての考察|かぐや姫?


ワンピース第913話ネタバレゾロホーキンス

お菊こそがかぐや姫?

ワノ国編突入前から予想されていた日本の御伽噺のオマージュ的展開。

すでにお鶴による『鶴の恩返し』が果たされ、浦島というすもう取りも登場しています。

その中でも、月が印象的に描かれるONE PIECEで、『かぐや姫』が登場しないわけはないと思われます。

甲塚はお菊こそが『かぐや姫』の役割を果たすのではないかと感じています。

まず、その美しさ。

さらに、求婚されているという状態。

どう見てもやんごとない家柄出身に見える上品な美女お菊が花の都ではなく、おこぼれ町の茶屋で働いているという事自体が臭い!(笑)

おそらく、お鶴によって匿われていると思われます。

もしかすると、光月家の人間であり、身分を隠し、光月家と縁のあるお鶴に預けられているのかも知れません。

また、お菊という名前から番長皿屋敷が思い浮かびますが、番長皿屋敷のエピソードはすでにスリラーバーク編のシンドリーによってオマージュ済みなので、それを重複する事があるのかも疑問ですし…

この事から、お菊という名が偽名である事も考えられます。

甲塚のイメージですが、お菊は記憶喪失っぽく見えませんかね?

なにかのショックで本来の使命を忘れているが、何やら普通ではない力を秘めていそうな気もします。

モモの助の姉とかで、モモの助のような能力を持っている可能性もあります。

その能力がかぐや姫と結びつくのではないか…

なんて思ってしまうんですよね…

本名はもしかしたら、

『光月かぐや』

とかかも知れません(笑)

浦島に求婚されているという事で、竜宮城の乙姫様という線も考えられますが、これもすでにリュウグウ王国の乙姫王妃が登場していますね。

ここからも甲塚の妄想ですが、お菊は浦島のほかに、桃太郎っぽい人、金太郎っぽい人(戦桃丸?)、一寸法師っぽい人からも求婚を受け、カイドウやオロチを倒したら、その人の嫁になるみたいな、かぐや姫そのもののような展開になったりもするかも?

で、ルフィ達がその誰かに肩入れしたりして…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする