ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|けが人だらけの今季最後はエースも・・・


ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|最後の最後でひどすぎますよね・・・

ライアン小川右肘疲労骨折

ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では本日9月21日にヤクルトスワローズのライアン小川こと小川泰弘投手が右ひじの疲労骨折により全治が未定と発表されたことについてを

  • ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|全治は未定
  • ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|肘なのが気になりますね
  • ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|今季は先発抑えと大車輪の活躍も・・・

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|全治は未定

ライアン小川右肘疲労骨折

ヤクルトは9月21日、小川泰弘投手(27)が右肘の疲労骨折と診断されたことを発表しました。

9月20日に横浜市内の病院で精密検査を受け判明した模様です。治療法は様子を見ながら判断するため、全治は未定との事。

疲労骨折とは

転倒や強打が原因になることは無く、短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いのも特徴である。つまり、繰り返し加わる小さな負荷によって生じる骨の異常。いわば、骨に生じた金属疲労の様な状態で、軽度な場合は骨に細かなひびが生じる程度であるが、重症化すると強くない応力で外傷性骨折の様な断裂に至ることもある。早期に発見し治療を開始することで、スポーツ現場への早期復帰が可能になるが、重症化した場合では選手引退後の日常生活に支障を生じる場合もあります。
スポーツ選手の場合、疲労骨折が見つかった場合は直ちに練習は中止し、治療を開始する必要がある。治療開始後は、3週間から8週間ほど練習を中止してから医師の指導の下徐々に再開をする。その間はプールなどを使用して心肺機能を維持し筋力低下を抑制することが望ましいとする見解もある。また、後遺症防止の為にも学校、学校検診医師、専門医間の連携が重要視されています。

ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|肘なのが気になりますね

ライアン小川右肘疲労骨折

小川投手は16日・広島戦(マツダスタジアム)に先発し、右肘の張りを訴えて4回4失点で降板しております。

出場選手登録を抹消された翌17日は

「張りは変わっていない。大事な部分なので慎重にならないといけない」

と話していたそうです。

ヤクルトライアン小川投手が疲労骨折|今季は先発抑えと大車輪の活躍も・・・

ライアン小川右肘疲労骨折

今季はリリーフも経験し、先発と併せて22試合に登板しらライアン小川投手。

現在の成績は8勝7敗で防御率は2・83で最下位のヤクルトの中にあって貯金1を作っていますのでさすがは小川投手ですよね。

しかし今季ヤクルトは本当に気の毒です。

川端選手に畠山選手、雄平選手と主力の相次怪我に山田選手の不調。

そのうえエースまで最後に怪我をしてしまうなんて、今の順位も仕方ないですよね。

もうシーズンも終わりを迎える直前まで来ていますが早期の復活を期待しております。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする