アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|モンハンXX狩猟日記


アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|サイクロン式掃除機退治へ

アマツマガツチソロ弓

アマツマガツチのソロ挑戦も弓でについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではモンハンXX狩猟日記として、アマツマガツチにソロで弓で挑んだ実際の体験から

  • アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|天津禍龍
  • アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|弓を担いで霊峰へ!
  • アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|天津禍龍

アマツマガツチソロ弓

モンハンXX狩猟日記『サイクロン式掃除機…もとい嵐龍アマツマガツチに挑む!』

嵐龍アマツマガツチ…

MHP3でラスボスとして初登場し、前作Xにて華麗に復活した古龍種ですな。

ajizuは何かコイツが好きで、MHP3ではとにかく弓で乱獲しましたね。

そんなに強いこともなく、行動パターンをつかんだ後は、ダメージを受ける事も少なくなり、ajizuにとって、ノーストレスで狩れるモンスターでした。

しかし、今作では…(笑)

嵐龍アマツマガツチについて

MHP3は『和風テイスト』でしたが、やはりラスボスも和風で、『アマツマガツチ』は日本神話にも登場してそうな名前ですよね。

実際に『天津禍龍』と漢字表記もされてるようです。

アマツマガツチは、自然に干渉して意識的に暴風雨を発生させる事ができるようです。
鋼龍クシャルダオラも風を操りますが、クシャルダオラは風を操る事は可能ながら、アマツマガツチのように暴風雨を発生させるまでの力はないようです。

また、クシャルダオラは角を折ると能力が低下しますが、アマツマガツチは角を折っても能力は維持されるようで、クシャルダオラよりは上位に位置するモンスターであると思われます。

また、アマツマガツチは常な浮遊しています。

麻痺や睡眠等の状態異常になっても浮遊し続けている事から、浮岳龍ヤマツカミと同じような原理で浮遊しているのかも知れないですね。

もしかしたら、ヤマツカミが進化したモノがアマツマガツチ、或いはその逆の存在なのかも知れないですね。

アマツマガツチの攻撃には水属性が付与されており、ブレスには水塊タイプと水圧タイプの二種が存在します。

体力が少なくなると高空まで飛翔し、そこから強烈な水圧タイプのブレスを連発してきます。

これ、当たると瀕死になります。

モドリ玉使用が一番安全ですな(笑)

また、空中で身体をくねらせて静止し、周囲のモノを吸い寄せて、体当たりで破壊する攻撃、今は『ダイソン』とか言われてるみたいですが、コイツの直撃を受けたら即乙の可能性があります。

気合いと根性で回避するしかありませぬな!

覇竜アカムトルム、崩竜ウカムルバスと同じく『荒ぶる神』の一柱として古くから人間の信仰対象であったアマツマガツチ。

今回はコイツの上位をソロ狩猟します。

アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|弓を担いで霊峰へ!

アマツマガツチソロ弓

弓を担いで霊峰へ!

アマツマガツチ狩猟は、甲塚的には、やはり弓がいいですな。

ライト、ヘビィもいいですが、やはり弓が一番立ち回りやすいかと思います。

霊峰といわれる高山の秘境に生息しているようなんで、弓を担いで登山です(笑)

この霊峰の景色も和風っぽくて好きなんですよね~

水墨画とか、そんな感じがします。

で、いきなりアマツマガツチ狩猟開始です。

弓はテオ弓。

睡眠瓶を装備できるので、とにかく、まず最初に睡眠爆破です。

顔面に拡散矢を打ち込み続けてやると、アッサリ寝てくれました。

寝ながらの空中浮遊は、このモンスターの底知れない超能力を物語っていますな。

で、爆破したら、ブチ切れやがりました。

やたら動き回るようになって、画面の端から端まで錐揉みしながら突進する攻撃を連発してきやがります。

しかし、こんなもんは慣れっこなんで華麗に回避…

できねぇ…

何か当たり判定、かなりシビアになっとりゃせんか、これぇっ!

何か間合いが掴めずにもらい捲くってしまいます!

更に、あの『ダイソン』…

回避のタイミングを誤って、もらっちまいましたが、大丈夫大丈夫…

じゃねぇっ!!

何か、一乙してしまいましたよ!?

こんな攻撃力高かったんか『ダイソン』!?

MHP3から数年…

『ダイソン掃除機』が進化しているようにアマツマガツチの『ダイソン』も進化しているようです!

しかし、角と飛膜の破壊は完了、尻尾は報酬で出るので無理して切らなくていいから、後は背中の破壊さえすれば大丈夫でしょう。

で、ラウンド2では背中の破壊に成功!

しかし、やはりやたら攻撃をもらっちまいましす。

で、また『ダイソン』にやられてニ乙目…

ラウンド3では、

『ヒョロヒョロヒョロ~』
(ajizuにはこう聞こえます)

という鳴き声を上げて高空まで飛翔し、そこから水圧ブレスを連発してくる奥義を出してきやがりますました。

ニ乙して、これを受けきる余裕はないので、モドリ玉で回避。

しかし、これが…

戻っては『ヒョロヒョロ』、戻っては『ヒョロヒョロ』と連発してきて攻撃できましぇん!!

何度かこの不毛極まりないやりとりを繰り返した後、ヤツも飽きたのか、地上に落ち着いてくれました。

そこからはこちからのターンで、バシバシと矢を打ち込んでやると、ようやく

『メインターゲットを達成しました』

のメッセージが!

大方30分くらいかかりましたが、何とか狩猟成功!
報酬には尻尾と『天空の龍玉』もあり、苦戦はしましたが、満足はいきましたね!

アマツマガツチのソロ挑戦も弓でいきます!|最後に

アマツマガツチソロ弓

まとめ

連続してアルバトリオン、アカムトルム、ウカムルバス、アマツマガツチと狩猟してきましたが、皆それなりに強化されているように感じました。

『孤独の魂』ことajizuは、これが『G級』になるとソロで狩れるのか?

という不安に思いっきり直面しておりますが、まずはHRを開放しないと話になりません。

次はラスボス『アトラル・カ』に挑戦ですな!

とにかく、話はそれからです!

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のモンハン関連記事】

アカムトルム攻略大剣ソロ挑戦!|面白い話も添えてモンハンXX狩猟日記

アルバトリオンに勝てない!|モンハンダブルクロス狩猟日記

神おまを求めて|モンハンXX狩猟日記

モンハン中の秘薬に関する名言が生んだ笑える話|面白い体験談

ラオシャンロンを捕獲しようとする男|モンハンの笑える体験談

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする