【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|李朴があっさり引いた理由は?

Pocket

【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|城主李伯の慈悲の心が仇に

【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではキングダム635話の感想に考察をネタバレも含みますが、
  • 【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|イナゴの如くモゲモゲ脱出する城内の民衆
  • 【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|人間的には立派!しかしそれが仇に!
  • 【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|李朴が引いたわけと王翦の考えは?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キングダム635話感想と考察】王翦の難民作戦の一手が鄴陥落の決め手|イナゴの如くモゲモゲ脱出する城内の民衆

 
キングダム635話は、前回634話で鄴を内側から自らの手で開門した鄴の民衆がイナゴの如くモゲモゲと雪崩のように脱出してくるシーンから始まりました。
 
そしてこうなれば周囲を包囲する桓騎軍だけではなく趙兵VS鄴の民衆という図式が成り立ち、まさに民衆に踏みつぶされていく趙兵などもちらほら出てくる悲惨な状況。
 
しかしここで先行して城内に突入していたぜノウ一家は、そんな状況の趙兵を容赦なく蹂躙していきます。
 
内から民間人、外からぜノウ一家で趙兵はもうなすすべもなく倒されていき桓騎や雷土もゆっくりと城内へ歩を進めるのでした。
 
こうして鄴は完全陥落を迎えます。