【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|桓騎久々の登場!

Pocket

【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|王翦との策の連携が見事ハマる!

【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム633話の考察として、

  • 【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|鄴(ぎょう)の民
  • 【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|迫る李朴と王翦
  • 【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|追撃部隊は【十分の二】の精鋭
以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キングダム633話考察】混乱中の鄴(ぎょう)の攻防|鄴(ぎょう)の民

キングダム633話は、632話までの信と羌瘣(きょうかい)の生死の騒動から場面は一転、読者が皆気になっていたはずの鄴(ぎょう)の攻防へ移ります。

鄴(ぎょう)では既に、王翦が九つの城の民をいなごの如くなだれ込ませたことと、そこに連携して桓騎が場内の兵糧を焼き尽くし城を取り囲んでいる事から大混乱状態である事には変わりなく、あとは鄴(ぎょう)が桓騎にどう蹂躙されるかを待つ状態のように見えます。

しかしながら、キングダムの登場人物ではおよそそのセリフが1番似合わないであろう桓騎および桓騎軍は、「桓騎軍は一般人を殺さない!」と叫び続けています。

そして誰の目にも鄴(ぎょう)はもう内部崩壊を内部から開門寸前のように見えました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする