【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|李朴を治療できたのは両親譲り!

Pocket

【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|武神は天才気功師の息子!そして誘拐!

【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム628話にてついに武神龐煖(ほうけん)が死亡した事や、龐煖(ほうけん)の回想シーンからの生い立ちについてを、

  • 【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|李朴を治療できたのは親譲り
  • 【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|誘拐そして武神へ
  • 【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|武神逝く・・・信大勝利!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|李朴を治療できたのは親譲り

キングダム628話は、627話のラストで信に一刀両断された龐煖(ほうけん)の回想シーンからでした。

龐煖(ほうけん)のこれは走馬灯のようなものなのでしょうか?

この怪物も元々は可愛い子供であったようでなんと両親は超人的な天才気功師であったようです。

村の人々を手をかざすだけで治療してしまうもの凄い気功師で、龐煖(ほうけん)が若かりし頃の敗戦から落ち武者となっていた李朴を手をかざしただけで命を救ったのはこの両親の力を受け継いでいたのでしょうね。

ものすごく納得しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする