【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|祖の存在

Pocket

【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|強さこそが生きぬことと言う原始

【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム622話のラストのシーンで李朴がカイネに問われた龐煖(ほうけん)の事について、『人の代表』と答えた真意についての考察を、

  • 【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|人の代表
  • 【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|弱ければ死ぬを追求すれば
  • 【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|龐煖の生を脅かす存在

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【キングダム622話考察】李朴の言葉の意味と龐煖(ほうけん)|人の代表

キングダム622話では、読者胴同様、信やカイネもやはり龐煖(ほうけん)という個体を理解できないでいるようでした。

これまでの龐煖(ほうけん)という生き物を見て来ても、彼が何のために戦い、何を求め、何に対して怒っているのかはなはだ理解に苦しむというのは読者だけではなかったという事です。

ただ唯一、強さ?を追い求めての行動なのかな?という事くらいしかわからず何かあれば吠えている龐煖(ほうけん)でしたが、我々も同じようの龐煖(ほうけん)の行動にバインドボイスを発したくなる事もしばしばでした。

そんな龐煖(ほうけん)の事を、李朴は622話のラストのシーンで【人の代表】と称しました。

さて?如何にも解釈できるような物言いではありますが、これにはいったいどういった意味があるのか甲塚なりに紐解いていきたく思います。