【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|最高のパートナーとなり得るか?

Pocket

【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|ダメージの少ない2人にスポット

【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃183話の内容から今後の甘露寺と伊黒についての考察を、

  • 【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|甘露寺の性格について
  • 【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|伊黒について
  • 【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|最高のパートナーとなる可能性

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃183話考察】甘露寺と伊黒の今後について|甘露寺の性格について

甘露寺と伊黒の今後についての考察〜最高のパートナーとなり得るか?〜

鬼滅の刃第183話、無惨と戦闘中である炭治郎、義勇、甘露寺、伊黒ですが、今回は甘露寺と伊黒にスポットを当てて妄想たっぷりに二人の今後について考察してみます。
 

甘露寺の性格について

甘露寺は特異体質の持ち主で、それが元で過去に辛い経験がありますな。
 
常人なら心を閉ざし他人を遠ざけるような性格になっても致し方ないと思えますが、彼女はそうはならなかった。
 
普通であろうとして自分を偽ることもしましたが、あるがままの自分で人の役に立ちたいと言う思いから、鬼殺隊に入隊していますな。
 
彼女はおそらく、自分も含めた人間が大好きなんでしょうね。
 
自分が好きだから自分を偽る事はしないし、他人の良いところ、人間らしい部分を見つけ出して、それを愛おしく思う。
 
甘露寺は義勇をかわいいと感じ、伊黒はしつこくて素敵と感じているようですが、これは普通の感覚では短所だと言えるものです。
 
しかしおそらく、義勇が一人でいるのは他人が鬱陶しいからと言うわけでなく、彼が抱える劣等感からコミュニケーションが不器用になりがちなところを感じ取り、また伊黒についてはネチネチとしつこい性格は用心深さから来ており、用心深いという事は臆病であり繊細である事の現れ。
 
要するに、甘露寺からすれば短所こそその人間の人間臭さを如実に現しており、やはり人間が好きなんだ、人間の愛し方を本能的に掴んでいるんだろうなあと感じます。
 
事実、17歳でお見合い相手から『そこまで言うか?』と思う酷い事を言われながら一切恨み言を口にしないばかりか、おそらく恨みに感じてもいないでしょう。
 
しかし、いたずらに人を傷つける者に対しては一切ときめかないようです。
 
それは彼女がちゃんとした正義観を持っている証拠と言えますな。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする