【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|圧倒的な強さを見せた上弦の壱

Pocket

【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|救済に繋がるのか?


【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北
についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃で上弦最強の上弦の壱黒死牟の牙城がついに崩れた事についての考察を、

  • 【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|鬼の力の源について
  • 【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|認識を疑うと崩壊する?
  • 【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|黒死牟に救いはもたらされるのか?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃176話考察】黒死牟の敗北|鬼の力の源について

黒死牟の敗北は救済に繋がるのかについての考察~認識を疑う事が崩壊に繋がる?~

鬼滅の刃第176話…
 
圧倒的な強さを誇った上弦の壱・黒死牟でしたが、悲鳴嶼、不死川、無一郎、玄弥の命をかけた一斉攻撃により、ついに敗北が見えてきました。
 
今まで登場した鬼の多くは敗北から死に至るまでの間に、心の救済がもたらされていました。
 
今回は、黒死牟にも救済はもたらされるのか、また鬼の不死性についても妄想たっぷりに考察してみます!
 

鬼の力の源について

黒死牟は悲鳴嶼達の攻撃を受け、かなり追い詰められたわけですが、あの状態からでも無尽蔵かと思える底力を発揮して、更なる再生能力というか…
 
甲塚的には更なる進化というか鬼化であるように見えたのですが、それがまだ人間らしくあった黒死牟が人間離れした異形の怪物へと変身させてしまったわけです。
 
あの更なる鬼化を呼んだのは黒死牟の『勝利』への執念に他ならないと思うのですが…
 
この流れを見るに、鬼という存在は何かに対する執念が更なる力を得る条件の一つであるのかも知れない。
 
黒死牟の場合は強さや勝利に対する執念が力の源であり、それを数百年も持続させてきた思いの強さは常人の想像をはるかに超えるような次元にあるのではないでしょうか?
 
鬼は人間を食べる事で力を増していくはずですが、以前登場した鼓鬼の響凱はだんだんと人間を食べられなくなっていったようですが、これなどはおそらく、何かに対する執念の炎が弱くなってしまったからではないかと甲塚には思えます。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする