【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|寿命の前借り?

Pocket

【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|例外の者は?

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃170話で明かされた痣の者が持つ25歳までに死ぬと言うデメリットについての考察を、

  • 【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|寿命の前借りとは?
  • 【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|例外は人間ではなくなった?
  • 【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃170話考察】痣が25歳になる前に死亡する事について|寿命の前借りとは?

鬼滅の刃170話ネタバレ痣25歳実弥

痣の者が25歳になる前に死亡してしまうというデメリットについての考察~寿命の前借りの意味とは?~

鬼滅の刃第170話では、黒死牟の口からついに痣発現のデメリットについて語られました。
 
痣の者は例外なく…二十五の歳を迎える前に死ぬのだ。
 
今回は黒死牟のこのセリフから痣について妄想たっぷりに考察してみます!
 

寿命の前借りとは?

寿命とは命がある間の長さ、合わせて生まれてから死ぬまでの長さを表す言葉ですね。
 
それはまた神とか運命とかそういう超越的な律によりあらかじめ定められたものであるというイメージも、我々に与えたりもします。
 
黒死牟のいう寿命とは、おそらく人が生まれ、年老いて自然になくなる長さを指していて、痣を発現させた者はその寿命を前借りしているのだと言っているんですよね…
 
前借りとは、給料日前に給料を受給する事を指す言葉ですが、寿命を前借りするという事は…
どういう意味なんでしょうか?
 
甲塚は人間という者は生まれた時に基本的にほぼ同じくらいの数値の命を与えられており、仮に生まれた時を100として、その後の人生でそれを消費していき、0になった時が寿命であると考えています。
 
しかし、人それぞれ一日に消費する命の数値は違うので寿命に差が出る。
 
これは書き出すと長くなるので省きますが(笑)
 
痣の発現とは、命をエネルギーとして考えたとして、それを一気に消費する事によって能力を向上させるものだと考えられますな。
 
前借りというやつは、もしかしたら瞬間的に数日分、いや数週間分の命というエネルギーを一気に消費する事を言うんですかね?
 
人間が日々、一定のペースで命を消費しているとしているというか、それしかできない、そういうリミッターがあるとして、痣はそのリミッターを破壊してしまうものなのではないでしょうか?
 
リミッターが破壊されたなら、それはもう大量の命が垂れ流されている状態…つまり蛇口が壊れて水が吹き出して続けている水道と同じになるのでは?
 
故に、例外なく25歳を迎える前に死ぬという結果になる?
 
しかし、黒死牟は例外はあったという事を暗に認めてしまったように見えます。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする