【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|鬼から人間になった一族?


【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|耀哉の症状から

鬼滅の刃考察産屋敷家当主病弱理由

【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃168話の回想で登場した産屋敷耀哉ですが産屋敷の当主が病弱である理由についての考察を、

  • 【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|耀哉の症状
  • 【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|産屋敷家の呪いとは?
  • 【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|甲塚の妄想

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃考察】産屋敷家の当主が病弱である理由|耀哉の症状

鬼滅の刃考察産屋敷家当主病弱理由

産屋敷家の当主が病弱である理由についての考察~産屋敷家は鬼から人間になった一族?~

鬼滅の刃168話の回想で登場した産屋敷耀哉。

彼は生まれつきひどく病弱でしたが、無惨を倒すという執念は誰よりも強かったようです。

しかし、何故産屋敷家の男性で当主たる人物は病弱に生まれるのか?

今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみたいと思います。

耀哉の症状

産屋敷耀哉は23歳という若さで爆死しましたが、だれもが、爆死でなくとも遠からず亡くなっていたと考えるだろう程に、耀哉の容態は悪化の一途を辿っていましたね。

全身の皮膚がただれたようになり、体力も急激に低下し、視覚も失っていたようですな。

この視覚の喪失は、おそらく皮膚のただれと関係が深いと思われます。

会話が可能だったことから、聴覚と味覚は無事だったようですが、視覚が皮膚とただれと関係あるなら、ただれは全身に広がっていたので触覚すら失っていたようにも思えます。

彼のこの症状がなんの病であるかは不明であり、服用していたらしい薬類も、それは病を治す為のものではなく、苦痛を和らげるだけの効果だったと考えられます。

不治の病というイメージが湧きますが、甲塚はこの耀哉の症状は病ではなく体質であり、元より治せるものではなかったと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする