【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|日と月、陰と陽

Pocket

【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|継国厳勝にも兄弟が?

鬼滅の刃166話考察黒死牟の兄弟剣士

【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃166話で上弦の壱、黒死牟の兄弟剣士に対する発言についての考察から、

  • 【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|懐かしや
  • 【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|日と月、陰と陽の兄弟
  • 【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃166話考察】黒死牟の兄弟剣士に対する発言|懐かしや

鬼滅の刃166話考察黒死牟の兄弟剣士

黒死牟の兄弟剣士に対する発言に対する考察~日と月、陰と陽、黒死牟には兄弟が?~

鬼滅の刃第166話にて、兄弟で鬼狩りの剣士となっている不死川兄弟の姿を見て、黒死牟はそれを

『懐かしや』

という言葉を口にしました。

今回はそれを受けて黒死牟と始まりの呼吸について妄想たっぷりに考察してみます!

懐かしや

黒死牟は数百年前、戦国時代の武家出身であり、更に『長男』だったという設定が明らかにされていたようですが、戦国時代の武家であるなら複数の兄弟がいても全く不思議なく、黒死牟が不死川兄弟の姿を見て

『懐かしや』

と感じるのであれば、黒死牟自体がそうであった可能性は極めて高いわけですな。

また、懐かしいと感じるという事は、それに対して悪感情ではなく、むしろ温かみを感じているように思え、黒死牟自身がかつて不死川兄弟のように兄弟とともに鬼と戦っていた過去を思い出しているのか…?

しかし、黒死牟は鬼となり、おそらく自らを鬼化した鬼舞辻に固い忠誠を誓っているように見える事から、かなり鬱屈した過去があるように甲塚には感じられますな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする