【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|生来の虚弱体質

Pocket

【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|元は同じ血統?

【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃197話の展開予想考察として、或いは語られるかも知れない鬼舞辻無惨と産屋敷家の関係性と無惨の体質についての考察を、
  • 【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|無惨と耀哉の末期の姿
  • 【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|産屋敷家は異能者の血統
  • 【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|無惨は産屋敷なのか?
以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃197話展開予想考察】鬼舞辻と産屋敷と異能者|無惨と耀哉の末期の姿

 

鬼舞辻と産屋敷は元々異能者の血統では?〜生来の虚弱体質の意味とは?〜

鬼滅の刃第196話では無惨は珠世が仕掛けた四種の薬により、ついに細胞破壊が始まりました…
 
甲塚はその細胞破壊というワードから産屋敷耀哉の末期の姿をイメージしました。
 
今回はそれと絡め、197話以降で語られるかも知れない無惨と産屋敷家の秘密について妄想たっぷりに考察してみます!
 

無惨と耀哉の末期の姿

現在、無惨は細胞破壊の薬が効き始めてきましたが、壮絶な最後を遂げた産屋敷耀哉の末期の姿は病というよりも無惨と同じく細胞破壊が進んでいたように思えます。
 
無惨の血液により顔面が変貌した炭治郎をはじめ柱達も細胞が破壊されて肉体が変貌していました。
 
おそらく、無惨の肉体も変貌を開始するものだと思われますが、その姿は瓜二つの容姿を持つ耀哉の末期の姿に近づいていくような気がします。
 
というよりも、無惨は鬼になる前の病により死にかけていた時の姿に戻っていくという方が表現として適切かも知れない…
 
平安時代、まだ人間だった頃の無惨はすでに描かれていますが、鬼になる下りまでは全て顔を隠すように描かれています。
 
それはやはり、耀哉のように元々美しい顔が醜く崩れていたからではないか?
 
無惨と耀哉は生まれた時代は違えども同じ血筋だと明らかになっていますが、二人とも同じように体が弱く病に苦しんでいた…
 
しかし、産屋敷家の人間は特殊な声と異常な勘の良さを持っているようです。
 
これが体の弱さに関係しているように思えますな…
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする