【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|鬼殺隊一の策士!

Pocket

【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|死してなお牙を剥く才能!

【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新11号に掲載されていた鬼滅の刃193話で、無惨が珠世の細胞の記憶をたどる事により久々に登場した胡蝶しのぶの天才的な策についての考察を、

  • 【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|しのぶは天才的策士!?
  • 【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|女性の執念が無惨を殺す!?
  • 【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃193話考察】胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?|しのぶは天才的策士!?

胡蝶しのぶの天才が無惨を滅ぼす!?〜しのぶは鬼殺隊一の策士だった!?〜

鬼滅の刃193話、無惨は珠世が作った薬と胡蝶しのぶの策により現在まで、およそ九千年分も老いている事が判明しました!
 
今回はこれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

しのぶは天才的策士!?

胡蝶しのぶのスピードは柱でも最上位でしたが、鬼の首をきれぬほどに非力であり、純粋な戦闘能力では上弦レベル以上を倒し切る事は不可能だったようです。
 
しかし、鬼を狩る為には手段を模索し、鬼を殺す毒を多数発明し、それによってとどめをさしてきていますな。
 
しかし、しのぶの真の恐ろしさはその天才的頭脳から生まれる策略にあると思えます。
 
童磨を倒し切る為に、自分自身に少しずつ毒を入れて、童磨に食われ、その毒により倒し切る事ができました。
 
戦法としては悲壮過ぎるほど悲壮ですが、鬼からしてみれば人間がそこまでするなんて考えもつかないでしょう…
 
どんな手段を使ってでも人間を不幸に陥れる憎い鬼を滅ぼす!
 
しのぶの天才的頭脳はその執念を起因として恐るべき切れ味を発揮するわけです。
 
今回、しのぶは人間返りの薬は分解され無効化されてしまう事を先読みし、二段重ねで無惨を弱体化する策として珠世が作った老化の薬を同時に無惨に注入する策を発案し、珠世にそれを実行させたのでしょう。
 
どんな状況になろうとも、敵に大打撃を与えるような策を発案するところ、しのぶは天才的策士だと断言できますな!
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする