鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|炭治郎と縁壱

Pocket

鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|免許皆伝なるか!?

鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新10号に掲載されていた鬼滅の刃192話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|『死んでいる間』の記憶
  • 鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|ヒノカミ神楽十三の型
  • 鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|炭治郎に縁壱の姿を見る無残

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃192話ネタバレ!十三個目の日の呼吸!|『死んでいる間』の記憶

鬼滅の刃192話は炭治郎が死んでいる間に見ていた記憶の想起から始まりました。

ご先祖様の目を通じて縁壱に日の呼吸の型を見せてもらった炭治郎。

呼吸の技の開祖である縁壱から直接指導を受けているのと同意の貴重な経験であったはずです。

ご先祖様にありがとうと言い去っていく縁壱に炭治郎は心の中で俺の方こそありがとうと感謝の意を述べます。

そして自分に現代まで伝わっていた日の呼吸の十二個までの型は正確に伝わっていた事も知る事ができたのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする