【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|無惨の毒に対する血清?

Pocket

【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|無惨に注入したらどうなる?

【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃189話で茶々丸が運んできてくれた珠世さんが作成した血清について190話以降どのように戦況に影響を与えていくかという事についての考察を、

  • 【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|血清、抗毒血清とは?
  • 【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|禰豆子の血から生成した?
  • 【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|逆に無惨に注入したらどうなる?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃190話以降考察】無惨の毒に対する血清の効果|血清、抗毒血清とは?

無惨の毒に対する血清についての考察〜禰豆子の血から生成されたもの?〜

鬼滅の刃189話にて、茶々丸が運んできて毒に侵される柱達を救った無惨の毒に対する血清と思われる液体が登場しました。
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

血清、抗毒血清とは?

血清とは、血液が固まる時に分離する黄色っぽい上澄み部分を指すそうです。
 
毒に侵された際に効果があるものは抗毒血清と呼ばれ、毒を馬や羊などの動物に二週間程かけて少しずつ注射します。
 
これにより動物の体内で抗体が作られ、その血液を採取し、フィルターで濾過して抗体を取り出し、それを濃縮すれば抗毒血清の出来上がりというわけになるようです。
 
また、他には動物に頼らずに、毒を人間の体内に少しずつ入れ、免疫を作り出し、自らの血を毒に侵されたものに輸血するという方法もあるようです。
 
無惨は茶々丸が運んできた液体が柱達を回復させたのを見て、珠世が作った無惨の毒に対する血清だと口にしていましたが、その液体の正体とは?
 
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする