【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|異形の鬼なのか?

Pocket

【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|タコに似た身体構造

【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃187話で無惨には5つの脳に7つの心臓があるとわかった事についての考察を、

  • 【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|脳が5つに心臓7つ!
  • 【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|無惨はタコ型の鬼?クモ型?
  • 【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|無惨は何者なのか?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃187話考察】無惨は脳5つに心臓7つ!|脳が5つに心臓7つ!

無惨の身体の脳5つ心臓7つについての考察〜無惨はタコ型の鬼?タコに似た身体構造について〜

鬼滅の刃187話では縁壱との戦いにおいて鬼舞辻無惨の身体構造が明らかになります!
 
それがあの『タコ』に似ているようなんですが…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

脳が5つに心臓7つ!

縁壱が透視により発見した鬼舞辻無惨の異形な身体構造!
 
脳が5つに心臓が7つ!
 
例え鬼だと言っても、これはもう人型生物の範疇を遥かに超えた異形でしょうな!
 
しかもそれに飽き足らず、縁壱に追い詰められた際には自らの身体を1800もの数に細分化して生き延びようとする戦慄すべき生命力を披露!
 
現在の戦闘が開始された時から異常な戦闘能力の高さを見せつけていた無惨ですが、その秘密がこの身体構造にあったわけですな。
 
また、縁壱は無惨の攻撃は擦り傷でも死に至ると直感したようですが、無惨は縁壱の時代から攻撃に毒となる自分の血を混ぜていたようです。
 
これはおそらく刃のように硬質化した手や触手の先端に血液を分泌する孔があったりして、そこから傷口に血液を侵入させる仕組みなんでしょうな。
 
鬼という種族というより、『鬼舞辻無惨』という固有種であるような気がしますな。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする