鬼滅の刃145話の感想と考察|善逸の創造力と獪岳の限界

Pocket

鬼滅の刃145話の感想と考察|不満だらけの人生を送るものの末路

鬼滅の刃145話感想考察

鬼滅の刃145話の感想と考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、週刊少年ジャンプ11号に掲載されていた鬼滅の刃145話の内容と感想からの考察を、

  • 鬼滅の刃145話の感想と考察|獪岳の不満
  • 鬼滅の刃145話の感想と考察|善逸の思い
  • 鬼滅の刃145話の感想と考察|善逸の創造力と獪岳の限界

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃145話の感想と考察|獪岳の不満

鬼滅の刃145話感想考察
鬼滅の刃145話の感想と考察~善逸の創造力と獪岳の限界~

鬼滅の刃145話では、ついに善逸と獪岳が本格的な戦闘に入りました。

今回は、師の元で『兄弟』として過ごした彼らの悲しい戦いについての感想と考察を書かせて頂きます。

獪岳の不満

獪岳は、どうやら人間の存在意義を『能力』とそれに対する『評価』でしか見出せないようです。

『他者からどう見られているか?』

これは人間であるなら誰もが気になる事であり、それを物差しとして自分の振る舞いを決定していくという方針は決して間違いではない。

しかし、それが全てではありませんよね?

善逸は『幸せの箱』という表現で人生の満足度について言及していました。

獪岳が常に不満を抱えているのは拭えぬ『劣等感』が原因でしょう。

獪岳が満足を得る方法は、この『劣等感』を拭い去るしかないでしょう。

故に、彼を低く評価する存在は彼にとっては障害であり、敵となるわけですな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする