鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|縁壱との関係は?

Pocket

鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|鬼狩りの始祖から何を学んだのか?

鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新2号に掲載されていた鬼滅の刃186話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|瀕死の炭治郎が迷い込んだ世界
  • 鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|縁壱の奥様うたさん
  • 鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|無惨との出会い

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃186話ネタバレ!炭治郎の先祖の記憶|瀕死の炭治郎が迷い込んだ世界

鬼滅の刃186話は、瀕死の炭治郎がどこか別の世界?に迷い込んだシーンから始まりました。

そこには痣の無い炭治郎そっくりな炭治郎?に『とーたん(父さん)』と呼ぶ幼い子供が・・・!?

そして若かりし頃の始まりの呼吸の剣士の縁壱が・・・!?

どうやら痣の無い炭治郎とは面識があるようで、ここはおそらくは炭治郎の先祖の記憶の中?なのかと思われます。

しかし現実世界の炭治郎は、瀕死である事には変わりないようで、村田が必死で心臓マッサージをしておりますが、村田は愈史郎 (ゆしろう)を手当てして、愈史郎 (ゆしろう)に炭治郎を手当てしてもらおうとして借り出されていくのでした。

そして炭治郎の意識が見ている、炭治郎のご先祖様は訪ねてきた縁壱と親しそうに会話をしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする