【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|意識を取り戻したのは?

Pocket

【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|1回死んでいる?

【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃185話の考察としてラストのシーンで目を覚ました炭治郎に痣が無かった事から炭治郎が目を覚ました世界はパラレルワールドなのか?という事についてを、

  • 【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|痣の無い炭治郎
  • 【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|鬼のいないパラレルワールド
  • 【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|引き戻すのは禰豆子

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃185話考察】痣無しの炭治郎パラレルワールドは鬼のいない世界?|痣の無い炭治郎

痣無しの炭治郎…パラレルワールドは鬼のいない世界?

鬼滅の刃第185話ラスト、死亡したかと思われた炭治郎が意識を取り戻す…
 
しかし、人間離れした嗅覚を持つはずの炭治郎が匂いを感じないという状況…
 
美しい青空の下に広がる世界は…?
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

痣の無い炭治郎

意識を取り戻した炭治郎でしたが…
 
あれ?痣が無い?
 
炭治郎は生まれつき額に炎のような痣があったはずですが、それが全くない…
 
これは肉体的には炭治郎ではないと言えるかも知れませんが、精神はつい数分くらい前まで無惨と戦闘中だった炭治郎のものであるようです。
 
痣無し炭治郎が意識を取り戻した世界は炭治郎が匂いを感じない世界であり、その風景は炭治郎の生まれ故郷に似ている雰囲気で、炭治郎が意識を取り戻した時には薪割り作業の真っ最中であったようです。
 
甲塚は別記事にて、炭治郎はあの世に渡り原風景に帰ったのではないか?と書きましたが、もしかしたら炭治郎はパラレルワールドに迷い込んだのかも知れません。