【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|肉体の死、魂の死

Pocket

【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|覚醒フラグ?

【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃184話で炭治郎が死亡した事についての考察を、

  • 【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|炭治郎死亡!?の原因
  • 【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|父、家族と再会?
  • 【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃184話考察】炭治郎が死亡した事について|炭治郎死亡!?の原因

炭治郎死亡についての考察〜死亡からの展開予想!覚醒フラグか?長男だから死なない!〜

鬼滅の刃第184話は、主人公竈門炭治郎が戦死してしまったようなシーンで終了!
 
流石の柱達も絶望感に包まれているように見えますが…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

炭治郎死亡!?の原因

炭治郎は182話にて凌いだかに見えた無惨の斬撃を受け、右目を負傷していましたね。
 
無惨は自分の攻撃に自分の血を混ぜるようです。
 
無惨の血は適度ならば鬼化させる効果がある…
 
というか、ほとんどの人間は適度に至らないまでの量でも死んでしまうと思いますが…
 
無惨はそれよりも大量の血を攻撃に混ぜており、それは鬼化を通り越し、ただ細胞を破壊する強力な毒となるようで、炭治郎は右目の傷から無惨の血が体内に入ってしまい、その毒素によって完全に死亡してしまったようです。
 
右目の傷からは鬼の細胞らしきものが除いており、炭治郎は惨たらしく苦しんだ事が容易に想像できます。
 
無惨は鬼殺隊を一人残らず殺してしまうつもりらしく、攻撃に大量の血を混ぜるというのは、鬼化しない、部下にもいらないという意思表示なんでしょうな。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする