2017年菊花賞出走馬に予想|少し大胆に攻めてみました


2017年菊花賞出走馬に予想|雨は確実普通には考えれないでしょう

2017年菊花賞出走馬予想

2017年菊花賞出走馬に予想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では10月22日に行われるGⅠ菊花賞の出走馬に予想から

  • 2017年菊花賞出走馬に予想|前16頭は以下の通り
  • 2017年菊花賞出走馬に予想|この3頭を挙げさせてもらいます
  • 2017年菊花賞出走馬に予想|最後に

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年菊花賞出走馬に予想|全16頭は以下の通り

2017年菊花賞出走馬予想

『2017年菊花賞予想!馬場もレースも荒れ放題?』

今年もやって参りました、牡馬クラシック最後の一冠『菊花賞』。

淀の3000メートルを制すのは一体どの馬なのか!?

甲塚の予想を書かせて頂きます!

出走馬

1.ブレスジャーニー
2.ウインガナドル
3.スティッフェリオ
4.クリンチャー
5.トリコロールブルー
6.マイネルヴンシュ
7.アダムバローズ
8.サトノアーサー
9.クリノヤマトオー
10.ベストアプローチ
11.サトノクロニクル
12.ミッキースワロー
13.キセキ
14.ポポカテペトル
15.ダンビュライト
16.アルアイン
17.プラチナボイス
18.マイスタイル

出走馬は以上の18頭。
ダービー馬レイデオロはここを回避してジャパンC狙いのようです。

皐月賞を優秀な時計で勝ったアルアインは出走しておりますな!

昨年の2歳戦で目立ってクラシック候補だったブレスジャーニーの出走には驚かされましたね。

2017年菊花賞出走馬に予想|この3頭を挙げさせてもらいます

2017年菊花賞出走馬予想

甲塚の予想

雨が降り続いている中で、超大型の台風が迫り来る中で行われるであろう2017年菊花賞。

おそらく、馬場は近年類を見ない程荒れているでしょう。

また、飛び抜けた存在も見えず、前日の今現在、セントライト記念勝ちのミッキースワローが1番人気であるようです。

では早速予想です!

◉ウインガナドル

父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという、いかにもステイヤータイプであろう血統と、脚質が先行タイプである事。

ラジオNIKKEI賞で2着に粘った自力に、ステイヤーの血が爆発すれば、今の荒れた馬場では無双な強さを発揮する可能性アリと見ました!

ジョッキーの腕次第かと思いますが、大逃げからマイペースでいけたなら、後からは何にも来ない状態になる可能性が高いのですな。

現在4番人気のようですが、この血統と脚質から、それは当然の事かと思えます。

◯スティッフェリオ

こちらも父ステイゴールドに母の父が『ムトト』(笑)

血統表に『ムトト』の名がある以上、買わざるをえません(笑)

重厚なスタミナ血統であるムトトの血は、荒れ馬場の菊の舞台では非常に魅力的です。

脚質も先行タイプですし、久しぶりにステイゴールドの血が嵐を呼ぶかも知れませんな。

▲アルアイン

今年の皐月賞馬。

皐月賞は速い時計で距離適性内では世代上位の能力は証明済み。

問題は距離でしょうが、それは走ってみないとわかりません(笑)

距離が問題視されての勝利はキタサンブラックが記憶に新しいですが、過去に皐月賞、菊花賞勝ちの二冠馬はいますし、何よりも先行脚質が可能性を感じさせます。

やはり、すでにG1を勝っているという実績馬を無視することはできませんな。

あとはブレスジャーニーが気になります。

およそ一年の休養明けが近年類を見ない程の荒れ馬場の菊花賞。

馬の状態云々より、出走させる勇気がすごいと思いますね。

しかし、ただ出走させるだけという事はなかなか考えられないので、もしかしたら、この馬は距離適性があるという判断なのかも知れません。

2017年菊花賞出走馬に予想|最後に

2017年菊花賞出走馬予想

まとめ

今の荒れた馬場では、普段の常識は通用しないかも知れません。

故に、敢えて大胆な予想をしていますが、個人的にはブレスジャーニーが無事に走り終え、よい結果が出れば尚更いいですね!

でも、なんか気になるんですよね、この馬…

もしかしたら開催自体がヤバイ状態かも知れませんが、無事にレースが終わる事を祈るのみですな。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【関連記事】

秋華賞2017の出走予定馬と予想|3歳マイルチャンピオンが有力か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする