カスパーハウザーの謎について|その悲運の21年間の意味は?


カスパーハウザーの謎について|高貴な人物の隠し子なのか?なぜ暗殺されぬばならなかった?

カスパーハウザーの謎

カスパーハウザーの謎についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では謎の異能者カスパーハウザーの謎についてを

  • カスパーハウザーとは?
  • カスパーハウザーの謎|異能者
  • カスパーハウザーの謎|不可解な暗殺

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カスパーハウザーとは?

カスパーハウザーの謎

甲塚的オカルト学謎に彩られた悲運の人生 異能者『カスパー・ハウザー』について

オカルトというよりはミステリーという話題ですが、

『カスパー・ハウザー』

という人物を御存知でしょうか?

特異な生い立ちと特異な能力を持って突然世の中に姿を現し、これまたミステリアスな暗殺により、たった21歳で世を去りました。

彼は一体、何者だったのでしょうか?

カスパーハウザーとは

カスパーは、1828年5月26日、バイエルン王国ニュルンベルクで発見、保護された当時15歳前後の少年でした。

発見時、身元などを尋ねても満足に答えられなかった為、衛兵詰め所にて保護される。

筆談ならどうかと紙とペンを渡したところ、『カスパー・ハウザー』と書いて答えた。

カスパーは軽騎隊のヴェッセニヒ大尉宛の手紙を携えており、手紙には、

『この少年は1812年4月30日生まれで、ファーストネームはカスパー。父親は騎兵だったが死去しており、父親と同じく騎隊として採用して欲しい。』

といった内容が書かれていた。

ヴェッセニヒ大尉には全く身に覚えがなく、カスパーは市当局の保護下に入った。

手紙の内容が真実ならカスパーは16歳。

しかし、様々な質問に対する受けごたえは年齢にはそぐわないものだった。

しかし、何かしら不思議な魅力を持っていたのかも知れません。

カスパーに興味を抱いた様々な分野の学者達が、カスパーの元を訪れるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする