カスパーハウザーの謎について|その悲運の21年間の意味は?


カスパーハウザーの謎について|高貴な人物の隠し子なのか?なぜ暗殺されぬばならなかった?

カスパーハウザーの謎

カスパーハウザーの謎についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では謎の異能者カスパーハウザーの謎についてを

  • カスパーハウザーとは?
  • カスパーハウザーの謎|異能者
  • カスパーハウザーの謎|不可解な暗殺

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カスパーハウザーとは?

カスパーハウザーの謎

甲塚的オカルト学謎に彩られた悲運の人生 異能者『カスパー・ハウザー』について

オカルトというよりはミステリーという話題ですが、

『カスパー・ハウザー』

という人物を御存知でしょうか?

特異な生い立ちと特異な能力を持って突然世の中に姿を現し、これまたミステリアスな暗殺により、たった21歳で世を去りました。

彼は一体、何者だったのでしょうか?

カスパーハウザーとは

カスパーは、1828年5月26日、バイエルン王国ニュルンベルクで発見、保護された当時15歳前後の少年でした。

発見時、身元などを尋ねても満足に答えられなかった為、衛兵詰め所にて保護される。

筆談ならどうかと紙とペンを渡したところ、『カスパー・ハウザー』と書いて答えた。

カスパーは軽騎隊のヴェッセニヒ大尉宛の手紙を携えており、手紙には、

『この少年は1812年4月30日生まれで、ファーストネームはカスパー。父親は騎兵だったが死去しており、父親と同じく騎隊として採用して欲しい。』

といった内容が書かれていた。

ヴェッセニヒ大尉には全く身に覚えがなく、カスパーは市当局の保護下に入った。

手紙の内容が真実ならカスパーは16歳。

しかし、様々な質問に対する受けごたえは年齢にはそぐわないものだった。

しかし、何かしら不思議な魅力を持っていたのかも知れません。

カスパーに興味を抱いた様々な分野の学者達が、カスパーの元を訪れるようになります。

カスパーハウザーの謎|異能者

カスパーハウザーの謎

異能者

法学者、神学者、教育者など、カスパーに興味を抱いた学者達が彼に様々な検査や教育を試みました。

宗教哲学者ダウマーはカスパーにある程度の読み書きを習得させる事に成功しましたが、『神』という概念を理解させる事だけは最後まで叶わなかったそうです。

彼の養育者であった法学者フォイエルバッハによれば、カスパーは水とパン以外の食物を受け付けず、鏡に映った自分の姿を捕まえようとするなど、人間として身についているべき教養や常識が欠落していた。

フォイエルバッハは、彼がかなりの長期間、閉ざされた空間で孤独な生活を強いられたのではないかと推測したが、それは正解で、後にカスパー本人が

『牢獄のような小さな部屋で、馬のオモチャだけを与えられて、何年もそこで過ごした』

と語っていた。

おそらく、かなり幼少からそこで生活し、他人と接触する事がほぼなかったのではないでしょうか?

しかし、彼の食事や身の回りの世話をする人間は必ずいたはずで、その人物かそれに連なる人物がカスパーが携えていた手紙を書いたのでしょう。

カスパーは発見当初、感覚が麻痺しているように見えたそうですから、おそらく他者とのコミュニケーションを取る方法すら忘れてしまうほどの状況下にあったのでしょうね。

しかし、彼は教育を受けたり、他人とコミュニケーションを取る事により、様々な事を、まるで思い出すように吸収していったそうです。

そんな中、カスパーが常人離れした超感覚の持ち主である事が判明していきます。

カスパーは、暗闇の中で聖書を読んだり、色彩の判別をする事が可能であり、金属を握っただけでその材質を言い当てたり、また、遠く離れた蜘蛛の巣に獲物がかかっている事を知覚できたりしたそうです。

これにはおそらく密室で他人とのコミュニケーションに乏しい生活を送ってきた事が大きく関係していると考えられます。

どんなに幼くても、どんなに劣悪な環境にあろうとも、人間は『思う事』だけはできます。

その行為がカスパーの感性を磨き、また、『常識』という、ある意味『限界』とも呼べる概念を持たないが故に、我々人間が無意識に制御している感覚を制御する事がなかった。

つまり、人間は本来カスパーと同程度の感覚の鋭さを持っており、カスパーはただそのリミッター自体が無かっただけかも知れません。

事実、彼は教養や常識を身につけるにつれて、そういう超感覚を無くしていったそうですから。

カスパーハウザーの謎|不可解な暗殺

カスパーハウザーの謎

不可解な暗殺

カスパーは二度に渡り暗殺者に狙われ、21年という短い一生を終わらせられました。

しかし、いくら不思議な生い立ちにある有名人であるといっても暗殺されるという事があるのでしょうか?

彼は生前、その生い立ちとあいまって、

『王族に似た顔立ちをしている』

という事から、

『やんごとない高貴な人物の隠し子なのではないか?』

という噂と共にあったそうで、もしかしたらそれが事実か、もしくはその噂を善く思わない勢力による犯行だったのかも知れません。

それを裏付ける証拠などもあるようですが、もし事実であったなら、カスパーは為政者のスキャンダルを隠す為に生命を奪われた事になります。

人生の大半を奪われ、尚且つ未来まで奪われてしまったカスパーに、甲塚はただただ鎮魂の思いしかありません。

カスパーハウザーの謎|まとめ

カスパーの生涯を学び、ひときわ興味を持ってしまったのが、カスパーが、生涯『神』という概念を理解できなかった事です。

甲塚は『神』が実在するかどうかは度外視して、人間が『神』やそれと同等の超常的な存在に対する畏怖や尊敬の念は文化を問わず全人類の無意識下にあるもの、つまり『本能』だと考えていました。

しかし、カスパーがそれを理解し得なかったという事は『本能』ではないのかも知れません。

心理学者ユングが提唱した『集合的無意識』からも逸脱しているようにも感じます。

『霊感』という記事にも書きましたが、カスパーは『神』の概念すら存在しない世界の住人だったのかも知れません。

『神』が存在しない世界の住人が人生を終えた後、その魂はどこへ行くのでしょうか?

また新たな疑問が出来てしまいました。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする