怪談グランプリ2019結果と感想に考察|2019年8月15日深夜


怪談グランプリ2019結果と感想に考察|今年の優勝者は?

稲川淳二怪談グランプリ2019

怪談グランプリ2019結果と感想に考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、稲川淳二の怪談グランプリ2019の全ての結果から感想、そして考察を、

  • 怪談グランプリ2019結果と感想に考察|壱夜氏VSありがとう ぁみ氏
  • 怪談グランプリ2019結果と感想に考察|旭堂南湖氏VS三木大雲住職
  • 怪談グランプリ2019結果と感想に考察|2019チャンピオンは早瀬康広氏!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

怪談グランプリ2019結果と感想に考察|壱夜氏VSありがとう ぁみ氏

稲川淳二怪談グランプリ2019

怪談グランプリ2019の結果と感想と考察

8月15日深夜、毎年恒例の『稲川淳二の怪談グランプリ』その2019年版が放送されました!
 
今回は5人の歴代チャンピオンと5人の新興の怪談師との対抗戦という形で行われると同時に、勝利者5人の中から審査委員長稲川大先生が2019のチャンピオンを決定するというシステムでした!
 
ではでは、その結果と感想です!
 

壱夜氏VSありがとう ぁみ氏

動画サイトに怪談朗読動画を投稿して活動している北海道の壱夜氏と、2016年のチャンピオンぁみ氏との対決。
 
壱夜氏
 
『逆さ緑さん』
 
霊感の鋭い女性の元に現れる緑色の女性らしき得体の知れない存在がもたらした怪異譚。
 
壱夜氏は話の構成力に優れながらも臨場感を伝える表現力を鍛錬されたなら、相当な人財として成長してくれそうな気がします。
 
ネタ数もかなり持っておられそうですしね。
 
ありがとう ぁみ氏
 
『平行におばあさん』
これも女性の元に現れる系の話で、毎夜女性の元に現れる老婆の霊の正体が血縁者かと思わせながらも実は全く関係のない老婆であると判明して終わる後味の悪い話。
 
さすがは2016年チャンピオンというか、最早怪談界で地位を築いておられるぁみ氏ですな、文句ない出来だったとおもいます。
 
しかし、やはりテレビ向けにもう少しスケール大き目の話が欲しかったですな(笑)
 
この対決の結果は0対5で、ぁみ氏の勝利!
 
甲塚も納得でした!
 

芳橙れい氏VS田中俊行氏

名古屋の飲食店店員をしながら怪談師として活動し、母上が霊視を仕事としておられ、自身も霊感が鋭いという芳橙氏と2013年チャンピオンの田中俊行氏の対決。
 
芳橙れい氏
 
『キャバクラ』
 
芳橙氏がお勤めの飲食店の先輩とお客にまつわる怪異譚。

お客に降りかかる不幸の原因が自殺したというお客の弟の霊であったという内容。
 
甲塚的に、芳橙氏は怪談師としてはまだまだ話力が足りないと感じましたね…
 
神妙に緊張感を出すセンスはあると思うのですが、それを終始出し続けるのは聞き手を疲れさせてしまうかと…
 
田中俊行氏
 
『予感』
 
何故か飛び降り自殺現場に異常な回数遭遇してしまう女性。

それは幼い頃からの体質のようなものであるが、主婦は近いうちに飛び降り自殺者と自分がぶつかるような気がすると感じる…
 
この女性は単なる霊体というか得体の知れない存在に魅入られているとか、血統的な何かの因縁の業を背負わされているのかも知れません。
 
田中氏はあまり抑揚のない淡々とした語り口のタイプで構成的にもまだまだ向上できるとおもいますが、最大の武器はネタのオリジナリティだとおもいますな!
 
良いネタは話術の良し悪しを凌駕もするので、やはり怪談師はどんなネタに出会えるかも才能の内と言えるかも知れませんな。
 
この対決の結果は1対4で田中氏に軍配!
 
甲塚は別に田中氏を気持ち悪いと思わないのですが?(笑)
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする