犬鳴温泉み奈美亭に日帰りで|最近はパワースポットしても注目されています


犬鳴温泉み奈美亭に日帰りで|デートでもご家族でも楽しめます

犬鳴温泉み奈美亭日帰り

犬鳴温泉み奈美亭に日帰りでについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、デートスポットとしても家族でのお出かけのスポット、またはパワースポット巡りとしてもオススメできる泉佐野市の犬鳴山にあるみ奈美亭に日帰り温泉と食事を実際に楽しんできた体験談から

  • 犬鳴山温泉|夏は涼しく自然に囲まれ良いところですよ
  • み奈美亭|食事も温泉も大満足でした
  • 犬鳴温泉み奈美亭に日帰りで|周辺にはカフェも

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

犬鳴山温泉|夏は涼しく自然に囲まれ良いところですよ

犬鳴温泉み奈美亭日帰り

『犬鳴温泉み奈美亭に日帰りで行ってきました!』

大阪は泉州の泉佐野市の山奥にある『犬鳴山』。

平安時代以前から霊山として知られ、最近はパワースポットとして注目されたりしてる山ですが、ここには温泉街がありまして、旅館やホテルが3つ4つ営業しています。

甲塚は今日、嫁と二人で『み奈美亭』さんに日帰り旅行してきましたので、その事を書かせて頂きます。

犬鳴山温泉

犬鳴山はハイキングコースあり、バーベキュー場あり、夏は川遊びもできます。

また、やはり街中よりは断然涼しく、非常に静かで癒されますな。

今日は川遊びの家族連れで非常に賑わっていて、川のせせらぎ、蝉の声、子供達の歓声が耳に涼しく聞こえ、非常に癒されました。

甲塚は地元民で子供の頃は林間学校や、親に連れて行ってもらっていたりましたが、もう30年近く行ってなかったので、新鮮さとノスタルジーな感情に浸ってしまいました。

いや、今更ながらいい場所ですよ、犬鳴山は!

み奈美亭|食事も温泉も大満足でした

犬鳴温泉み奈美亭日帰り

『み奈美亭』

『み奈美亭』さんは犬鳴山バス亭から目と鼻の先にあり、非常にわかりやすい場所にあります。

日帰りプランでも、従業員の皆さんも愛想よく接して下さいますよ!

日帰りプランは個室での食事と入浴を楽しむプランです。

チェックインから4時間滞在でき、食事の時間も指定できます。

私達夫婦は『しょうぶ』という部屋でした。

午前11時にチェックインして、温泉につかり、12時から食事をとって、13時半頃まで部屋でゆっくりした後に、もう1度入浴してからチェックアウトしました。

温泉は無色透明ですが、非常に気持ちがいいです。

入浴後は肌がツルツルのスベスベになりました。

食事も美味しく、非常に満足できましたよ。

私達は6480円のプランでしたが、食事は十分満足できるものでした。

あとは7500円、8800円、1万円以上のプランもあります。

山の中なのにお刺身が非常に美味でしたね!

4時間の滞在ですが、本当に大満足できました。

ありがとう、『み奈美亭』さん!

犬鳴温泉み奈美亭に日帰りで|周辺にはカフェも

犬鳴温泉み奈美亭日帰り

周辺にはカフェも

私達は『み奈美亭』さんをチェックアウトしてから、近くにある『カフェテラス空』さんに行きました。

犬鳴温泉み奈美亭日帰り

ここも非常に赴きのあるカフェで、川のせせらぎを聞きながらゆったりとした時間を過ごせます。

私達は食後だったので満腹で食事は出来ませんでしたが、『犬鳴地鶏』や『犬鳴ポーク』といったおいしいお肉を食べられます。

私達はアイスコーヒーを飲みながらアップルパイを食べましたが、アップルパイは焼き立てで美味でしたよ。

山ガールにも人気!

『み奈美亭』の仲居さんが言っておられましたが、最近は『山ガール』のお客さんがかなり増えているようです。

私達も二組ほどすれ違いました。

仲居さんは、

9時から10時頃に山に来て、ハイキングを楽しんだ後に『カフェテラス空』さんで食事して、それから『み奈美亭』さんで日帰りプラン、または宿泊に入る山ガールのお客さんが結構多いみたいです。

登るにもちょうどいいくらいの山なので、このプランもオススメですな!

まとめ

今回は日帰りプランでしたが、嫁と、今度は泊まりで来ようと盛り上がりました。

今回紹介した以外にもホテルや食事処があるので、検索してみられるのもいいのでは?

犬鳴山温泉、あまりメジャーではないかも知れませんが、非常に癒されるいい場所ですよ!

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のデートスポットお出かけ関連記事】

関西デートスポット和歌山の白崎海岸|由良町に在る日本とは思えない美しい場所

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする