【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|ホラー好きは是非劇場へ!

Pocket

【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|いい芝居見せてもらいました!

【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、2020年2月7日に劇場公開された清水崇監督が手掛けたホラー映画【犬鳴村】の登場人物についてや人物相関図に全体の感想などを、
  • 【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|甲塚と【犬鳴】というワード
  • 【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|登場人物と配役
  • 【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|人物相関図と全体を通しての感想
以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【映画レビュー】犬鳴村感想と登場人物相関図|甲塚と【犬鳴】というワード

ホラー好き、オカルト好きの甲塚ですが普段は漫画ばかり読んでああでもない、こうでもないと言っているイメージが読者の皆様には強いかもしれませんが、実はホラーやオカルトは漫画以上の好物であるかもしれないほど大好きでございます。

そして、2020年2月7日に劇場公開された映画犬鳴村!

犬鳴というワードを聞き、ましてやあの甲塚が敬愛してやまない清水崇大先生が監督をお勤めになると聞けば見に行かないわけがありません。

何故甲塚が犬鳴というワードに食いついたのかと言いますと、実は甲塚の地元にも犬鳴山という山に犬鳴トンネルというトンネルもあり地元では有名な心霊スポットでもあります。

劇場版の犬鳴村では、福岡の地図から消えたとされている犬鳴村がベースとされた話のようですが、甲塚地元の犬鳴トンネルも幾度となく心霊体験を経験されたという人の話を甲塚直接聞いていますのでこの犬鳴というワード。

フィクションとされていましたが、この犬鳴村という映画、ただのフィクションではないもとになった似たような話があるのではないか?と甲塚のオカルト好きの気持ちがくすぐられ見ずにはおれない一作でしたので本日見に行ってきた次第でございます。

もし、この先、犬鳴村を見に行こうと思われている方のために、最初甲塚も誰が誰?と思い人物の繋がりが理解しにくくそこに意識を削がれ内容に入り込むのに苦労しましたので、甲塚と同じ気持ちにならずに少しだけ人物相関知識などもあった方が良いと思い次のページから登場人物紹介と人物相関をご紹介させて頂きます。

感想につきましても、あまり深内容に触れないようにしておりますので、深い考察記事は明日以降別記事にて既に犬鳴村を見た方用にご紹介させて頂く予定ですので劇場で犬鳴村を見た後もサイトに足を運んでいただければ幸いです。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする