ほん怖2018神木隆之介さん主演の『見えない澱』について|あらすじから展開を予想


スポンサーリンク
スポンサーリンク


ほん怖2018神木隆之介さん主演の『見えない澱』について|展開予想


ほん怖2018神木隆之介見えない澱

展開予想

タイトルの『見えない澱』の『澱』とは、液体中に沈んだカスの事を言います。

タイトルの『見えない澱』は、目に見えない人間の残留思念を指しているのかも知れません。

和哉と真梨絵が入居する物件では男の首吊り事件が発生していたわけですが、その原因がドラマ内で判明する、しないに関わらず、男が人生に対して絶望を抱き、自殺を選択した事が考えられますね。

または、自殺を装った殺人の被害者である可能性もあります。

どちらにせよ、男はこの世の未練や怨念を残している事は想像に難くなく、それが澱として沈殿している物件なんでしょう。

それが霊障として和哉と真梨絵に降りかかる事は必至で、真梨絵は健康を害し、和哉は精神に異常をきたすのかも知れません。

もしかしたら、男は孤独の中、愛する女性に殺害されたかしており、一般的にリア充と呼ばれるような彼女との二人暮らしをしている和哉への嫉妬が霊障の引き金になるのかも…?

また、同じ男性という事で、霊障を受けた和哉は、男の精神と同調し、異常な行動をとるのかも知れませんね…

佐々木は、同級生を救う事ができるのか?

公式ホームページに貼られている画像からは、絵的に期待できそうな気がしますね。

神木隆之介さんは14年振りのほん怖出演らしいですが、前回の出演は子役時代。

大人になった俳優神木隆之介の芝居にも注目したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする