ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|遠藤憲一さんの芝居が最高です!


ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|今年もこの季節がやってきました!

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では8月19日に放送されたほんとにあった怖い話夏の特別編2017の内容と感想から

  • ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|或るマンション・手越裕也
  • ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|影女・杉咲花
  • ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|箱・野村周平
  • ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|お墓はどこでしょうか・遠藤憲一
  • ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|コール・北川景子

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|或るマンション・手越裕也

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

或るマンション・手越裕也

清掃会社に勤務する稲葉秀一(手越祐也さん)。他人と関わる仕事が苦手なため大学卒業後、特に目標ものなく、仕方なくこの仕事についていました。

ある日古びたマンションの清掃を担当することになり、エレベーターでサラリーマン風の中年男と乗り合わせます。

エレベーターが上がるにつれ、蒸し風呂のように暑かったはずなのに、ゾクっと寒気を感じ、妙な物音を耳にし、嫌な空気を感じてしまうのです。

そして先にエレベーターを降りた秀一が振り返ると、赤い服を着た髪の長い女が中年男に張り付くように立っていました!

程なくして、忘れ物をとりに再び駐車場に戻ると、なんとあの中年男が飛び降り自殺を図っていたのでした。あの赤い服を着た女は死を予告する?それとも死に誘うような悪霊なのでしょうか?

恐怖のあまり立ち尽くす秀一、当たり前ですよね・・・。

しかし現場検証をする鑑識員の背後にまたあの赤い服の女が立っているのです…。

そして、マンションの管理人は秀一にスーツ姿の中年男が飛び降りた日に一緒にエレベーターに乗っていたという監視カメラの映像を見せ、

「変な女はいなかったですか?」

「このマンションは特に飛び降り自殺した人もいなくいわく付きではないのですが・・・」

などを話してくれて、最後にどうすれば良いでしょうと相談されますが、当たり前ですがどうすることも出来ない秀一は、すみませんとだけ言い仕事に戻ります。

しかしその数日後、今度は管理人があのマンションで8階から飛び降り死んでしまうのでした。

気になった秀一は、あのマンション行ってしまい、案の定、赤い服の女と出くわしてしまいマンションの中で追いかけまわされ、最後はエレベーターの中で天井から赤い服の女のアップの顔が近づいてきて終わるのですが、どうやら秀一は死なずに済んだようでした。

やはり若いし生命力が強かった分持っていかれずに済んだのでしょうか?

赤い服の女の謎が残ったままの1話でした。

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|影女・杉咲花

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

影女・杉咲花

河村佳奈子(杉咲 花さん)は、バイト先の先輩・夏乃(横澤夏子さん)が最近まで住んでいた部屋に引越し、憧れの一人暮らしを始めます。

しかし、その寝室の壁には黒い小さなシミのようなものが・・・。

最初は気にしなかった佳奈子でしたが、そのシミは日に日に大きくなり、ついには、まるで人のような形になっていきます。

「ここに住んでた夏乃さんが何か事情を知ってて隠してるんじゃない?」

と親友の彩美(石井杏奈さん)は夏乃を問い詰めるべきだと言いますが、

「確かに少し怪しいところはある。でも、普段からお世話になってる夏乃さんにそんなことできないよ…」

と佳奈子は夏乃を問い詰めることをしませんでした。

そんな中、大家に事情を説明し、壁紙を張り替えてもらいホッとした佳奈子だったのですが、直後、さらに大きな人影のような黒いシミが浮き出てきて、香奈子は夏乃に打ち明けますが、夏乃はこの物件が曰くつきだとは聞いたことも無いし、自分が住んでいた時は何も無かったと言います。

夏乃に女性の霊能者を紹介してもらった香奈子は、その霊能者に生霊が憑いていると言われます。

そしてまた部屋で、人影が現れ、香奈子に近づいてきたところ、香奈子は霊能者に言われた通り怖いけど顔を見て見ると、生霊の正体は、なんと親友の彩美でした。

香奈子の元彼の平井を彩美は好きで、香奈子が寄りを戻すのではないかと嫉妬している気持ちから生霊生まれたのですね。

生霊の怖いところは飛ばしている本人に全く自覚がないと言う所だと思い知らされる一話でした。

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|箱・野村周平

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

箱・野村周平

旧家の古い蔵の解体作業を依頼された工務店勤務の間宮和幸(野村周平さん)。

百年以上開いていないという先祖代々守られてきた蔵には、さまざまなものが入っていましたが、二階にポツンと一つだけ箱が置いてあります…。

その箱は、蓋も開け口も見つからず、なぜかガサガサと音がするだけなのです。

さらに箱の写真を撮影してみると、そこには白い光の点や細い光の線が映り込んでいるのです!

解体の依頼者である家主に箱のことをたずねても、「引き取ってくれ」という一点張りで、箱の正体を明かしてくれようとはしません。むしろ嫌がられているというか邪険に扱われているようでした。

ある夜、間宮は我慢できなくなり、箱がある蔵へ向かってしまうのです。

怖いが気になると言うこの気持ちは甲塚にも凄くわかります。

そして箱に手をかけると箱がガタガタと動き出し間宮は怖くなり逃げ出してしまいます。

そして間宮が務める工務店の女性社長は霊感が強く知識も豊富で、間宮は社長に相談します。

社長は箱の所まで一緒に来てくれて、数珠を持ち祈るようにすると何と、箱には隠されていた蓋があったのか蓋が現れます。

そして間宮が蓋を開けると・・・なんと中には左腕だけのミイラが10本・・・。

これは江戸時代からこの家を栄えさせるために、一族の中の人間から生贄差し出していたという古い忌まわしい慣例の名残でそれがこのは事の事。

そして箱を覗き社長は使えるのはあと3体ねと言い自分の工務店を栄えさせるために持って帰ってしまったのです。

確かにそのような風習、昔ならあったというのは十分頷けますが、その名残が未だに尾を引いている事もあるのですね・・・。

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想|お墓はどこでしょうか・遠藤憲一

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

お墓はどこでしょうか・遠藤憲一

長峰修(遠藤憲一さん)の家に代々言い伝えられてきた、なんとも奇妙かつ不可思議な話です。


その言い伝えとは、

「家長が“白い服の女を見た”ということを人に話すと、その家長は必ず死ぬ」

という恐ろしいものなのです。

ある夏の日、家族でお盆の墓参りに行った修は、白い服を着た女を偶然目にし、そのことを家族に話してしまいます。

その日から 白い服の女が修の家にも、たびたび姿を見せるようになり、そんな中、墓地から白い嫁入り衣装が掘り出され、秀一はその嫁入り衣装の持ち主が出てきてしまったと思い供養したのでもう大丈夫と安心していたところ、秀一の父の現家長が亡くなってしまいました。

焦る秀一は、やはりその後また白い服の女を見てしまいます。

そして玄関先で『お墓はどこでしょう』と何度も何度も繰り返す白い服の女に自分はまだ死ぬことができないんだ!と言い懇願すると白い服の女は消えた・・・と思いきや振り返ると玄関の中に居ました。

なんとか持っていかれずには済んでまだ命はある秀一ですが、翌年のお墓参りで、今度は時期家長候補の長女が何かを見えているような表情をしていたところでこのお話は終わりましたが、この白い服の女はこの家系に何らしか関係のある霊でしょうが、いったい何だったんでしょうね。

ほんとにあった怖い話と夏の特別編2017感想|コール・北川景子

ほんとにあった怖い話夏の特別編2017感想

コール・北川景子

看護師の深川京香(北川景子さん)がつとめる総合病院の417号室に入院していた患者が深夜に何度もナースコールを鳴らし、苦しみながら亡くなり、その日から、誰も入院していない417号室のナースコールが毎晩、繰り返し鳴るようになるのです。

ここまでは本当によく聞く話ですが、以降、417号室に入院してきた患者が突然死する事態が相次ぎ、やがてその部屋は

「死に部屋」

と呼ばれ始めたのです。

同僚看護師の横山詩織(川栄李奈さん)は京香に、


「あの部屋は使わないほうがいい…」

と警告するが、京香は

「そんな噂に振り回されてどうするの」

と、主任という立場上、この不穏な状況を認められないでいました。

そんなある日、京香の弟・篤史(志尊淳さん)が大ケガをし、京香の病院に運び込まれ、417号室に入院することになり病院でも京香は唯一の家族である篤史を子どものように扱います。

しかしこの部屋が死に部屋としった篤史は姉貴はそんなに俺に死んでほしいのか!とへそを曲げてしまいますが、篤史は部屋を変わる事になり一安心の京香。

しかし部屋が変わり数日経ったある日、京香が篤史の着替えを持ち部屋に行くと篤史が居ません。

嫌な予感がした京香は417号室に急いでいきます。

すると・・・今までにこの部屋で亡くなった人の名前を順番に呪文のように呟いていた篤史が居ました。

京香は篤史にかけより声をかけますが、一向に戻って来ない篤史。

そして振り向くと部屋の隅にはこの部屋で亡くなった人たちの霊がいました。

1番最初になくなった、次々とこの部屋に入院する人を持っていた「トヨコさん」の名前を篤史が呟いたときに、京香は霊たちと篤史の間に割って入り、「たった1人の家族なの連れていかないで!」と叫ぶと霊たちは消えていきました。

実際に病院ではこのような話は結構あるのでしょうね。

中々に見ごたえのある1話でした。

以上がほんとにあった怖い話夏の特別編2017の内容と感想になります。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事ご覧いただきましてありがとうございました。

【ほんとにあった怖い話夏の特別篇2017から箱とお墓はどこでしょうかの考察はこちら】

ほんとにあった怖い話夏の特別篇2017感想と考察|箱・お墓はどこでしょうか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする