人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|致死率は30%以上!


人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|西武の森慎二コーチの亡くなられた原因も

人食いバクテリア劇症型溶血性レンサ球菌感染症過去最多

人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではTBSのニュースで取り上げられていた人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症の感染患者が国内でこの2017年が過去最多の人数になっていまった事についてを

  • 人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|2017年既に493人もの患者数
  • 人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|プロ野球・西武の森慎二コーチも
  • 人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|初期症状は

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|2017年既に493人もの患者数

人食いバクテリア劇症型溶血性レンサ球菌感染症過去最多

「人食いバクテリア」

とも呼ばれる

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」

の今年の患者数が493人となり、過去最多になったことが分かりました。

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」

は、主に

「A群溶血性レンサ球菌」

という細菌に感染することで引き起こされ、手足の筋肉が急激に壊死し、多臓器不全などになることがあり、致死率は30%にのぼるとのことで感染者の10人に3人は死に至るという恐ろしい病気なのです。

人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|プロ野球・西武の森慎二コーチも

人食いバクテリア劇症型溶血性レンサ球菌感染症過去最多

国立感染症研究所によりますと、今年の患者の数は先月11月26日までで493人にのぼり、調査を始めた1999年以降で、最多となったとの事。

今年6月、42歳で亡くなったプロ野球・西武の森慎二コーチも溶連菌の感染による多臓器不全でした。

現役時代はセットアッパーなどでご活躍された姿もまだ甲塚の記憶に新しく本当に良い投手でした・・・。

人食いバクテリアこと劇症型溶血性レンサ球菌感染症が過去最多!|初期症状は

人食いバクテリア劇症型溶血性レンサ球菌感染症過去最多

初期症状は

 「(初期症状は)だいたい足が多いですけども、そこが腫れる。最初は赤くなってきて腫れてきて熱が出る、そこからだんだん色が紫色になってくる、というとちょっと危ないですね。腫れがどんどん上に上がってくる。それが時間単位で上がってくる」

(東京女子医科大学 菊池賢教授談)

専門家は、できるだけ早く治療を始めることが必要だと仰っております。

本当に恐ろしい病気が蔓延してきたものですね・・・。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。