羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|1月4日


羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|日本人は怒ってます!

羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では1月4日に放送された羽鳥慎一のモーニングショーで取り上げられていた、東京新宿コミットマーケットでの福袋にまつわる話と、年終わりのパーティーでの中国のブラック企業の話の内容と感想から

  • 羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|東京新宿コミットマーケットの出来事
  • 羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|年終わりのパーティーでの事

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|東京新宿コミットマーケットの出来事

羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話

コミケで福袋を買い漁り転売をする中国人に怒りの日本人!

本日の羽鳥慎一のモーニングショーコメンテイターは高木美保さんに、玉川徹さんでした。

最初のお話は、東京新宿にあるコミットマーケットが12月29日、30日、31日の三日間に福袋を売り出しました。

半額という事で3日間に訪れたお客さんの人数は何と55万人。

特に12月31日の大晦日の日は凄く、午前6時から並び始め、天候も初雪が降り、寝たら凍え死ぬほどの寒さの中、並んでいるお客さんもいました。

そして謎の集団も大群で並んでいます。

お店側もAM10:00開店予定を前倒しで開店せざるをえないほど・・・。

スリも多発し異常なほどの盛り上がりを見せたそうです。

1人1個の購入という事で、番号札を配布します。そんな中2枚とる人や、中国語でネットで並ぶ人を5000円で募集したりとモラルの低いルールを守らないのは大半が中国人客。

店から少し離れた道端で開封したり、金のやり取りをしている中国人が大量発生していました。

店員も1人で多く持っている人に、こんなに多く持ってどうするのか?と注意しますが、友達の分とか、見張っているだけとか中国人特有の誰でもわかる嘘の言い訳を堂々とする始末。

テレビ局の取材の人にも『うるさい!』や『自分で使う!』などと逆ギレ状態。

その人たちの会話を、遠くから聞いていた取材陣は、『物によってもうけは違うから』『中身を見てみないとわからない』『これでは支払えない』などと聞こえてきたとの事。

その多くの中国人集団は駅の反対側へ流れていく人が多かったので、取材陣は距離を置きついていくと、同じ駐車場に大量の福袋車4台に後ろが見えなくなるくらい福袋を詰め込んでいて、乗せきれなくてあふれうくらいの福袋があったとの事。

そして駐車場にも福袋が大量に。

その後、すぐに3万円のパソコンを6万8千円、在庫1300個と売りに出される。

電化製品とか、カメラや、その他の物も売りに出され店側や純粋に福袋を求めて買いにいっている日本人は怒っています。

転売目的で来るな!本当に中国人はマナーの悪い国民ですね。

羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話|年終わりのパーティーでの事

羽鳥慎一のモーニングショーコミケ福袋転売客に中国ブラック企業の話

中国のブラック企業の年終わりパーティーでの事

ある中国のブラック企業での年末のパーティーで、ノルマを達成できない社員2人が向かい合わせになりビンタの仕合いをしていたとの事で、倒れる人も出る程。

(ノルマを達成できないのは)社員の尊厳が無いとの社長(上役)の命令で、社長がそれを動画撮影していたとの事。

そして、ほかにも社員に横断歩道をあかちゃんのようにはいはいで渡らせて動画撮影したり、その言い分も仕事の成績が悪いので仕方がないとの言い草。

羽鳥さんもアナウンサーでもうまく読めずにかんだりすると、罰金いくらとかはあると仰っていましたが、さすがにこれは度を越えているとは誰もが思う事。

飲食店のアルバイトとかでも、注文の聞き違いがあると、自己負担になる店もあるので客が間違いだと言うと泣き出す店員もいます。安い給料で働かせている割にリスクが高いですよね。

正直現在本当にブラック企業が多いのは、労働者のスキル以前に経営者のスキルが低すぎだとのコメントも。

私も激しく同意します。

日本人の経営者には凄く勉強している人も多く、それでやっとその位置に座れます(中には親からそのまま何の努力もせずにその地位に座るボンクラ2代目も居ますが)。

しかし中国人企業の罰則などを見ていると、やれと言われたらやるしかないのに人間性を否定するような罰はいきすぎとのコメントも。

仕事が出来ないとこうなるというみせしめなのでしょうが、中国の発展の陰にはこういう事が横行していてこれは氷山の一角にすぎない可能性が非常に高いでしょうね。

本当に一部の守銭奴に泣かされる一般の人々が多いのは何処の国でもいつの時代でも同じなのかもしれませんが・・・。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

その他の羽鳥慎一のモーニングショー関連記事

羽鳥慎一のモーニングショー内容と感想|12月28日ウーマン村元の真意にポイントカードについて

羽鳥慎一のモーニングショー12月26日29日追記分感想|鶴岡市市議の暴言に忘年会無断キャンセル

羽鳥慎一のモーニングショー!内容と感想|12月22日のご近所トラブルについて