阪神藤浪投手の2軍ソフトバンク戦|6回2失点11奪三振!


阪神藤浪投手の2軍ソフトバンク戦|155キロも出て内容は良さそうではありますが・・・

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦

阪神藤浪投手の2軍ソフトバンク戦についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では虎なら誰もが気になる藤浪投手の2軍での状況を

  • 阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|6回2失点をどう考えるか?
  • 阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|立ち上がりは・・・?
  • 阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|2軍でこの出来では・・・

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|6回2失点をどう考えるか?

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦

本日は奇しくも2軍も阪神はソフトバンク戦でした。

ここに本来こんなところで投げている場合ではない投手が登板しています。

阪神の若きエース藤浪晋太郎投手です。

本日は6回を投げて116球の4安打5四球2失点でした。

並の投手ならまずまず合格点を貰えるでしょう。

しかし藤浪投手の過去の実績や将来へ対する期待から見れば2軍の試合で6回で2失点・・・

まだまだ1軍へ上げるべきではないというのが甲塚の思いですね。

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|立ち上がりは・・・?

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦

藤浪投手の最大の課題の1つである立ち上がり。

この日も初回から制球に苦しみ4連続ボールで、いきなり四球を与えています。

次の打者に中安打を許していきなりのピンチを迎えています、3番牧原選手を空振り三振、4番長谷川勇選手を見逃し三振、5番釜本選手を空振り三振と、圧倒的なピッチングでピンチを脱しますが、私はここで藤浪投手が今日の1軍での交流戦でのソフトバンク戦で投げていたらと考えます。

今日の青柳投手が5回を1失点と抑え込んだソフトバンク打線ははっきり言って超強力です。

初回から四球を出し2番打者に安打されていたら3番は柳田選手。

そうそう簡単に打ち取れる打者ではなく、その後もデスパイネ選手。

初回のピンチを乗り切れたのは2軍戦であったからでしょうと言わざるを得ないですね。

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦|2軍でこの出来では・・・

阪神藤浪2軍ソフトバンク戦

今日も6回を投げ116球も多いですし、5四球もしています。

いくら2失点とはいえ、1軍で6回5四球ならKOの可能性も十分あります。

今日の1軍の試合のソフトバンクの投手の松本投手が良い例です。

阪神は四球で勝たせてもらったようなものでした。

しかし藤浪投手の持ち味はその圧倒的なストレートの威力。

これが無くなるような制球の気にしすぎもよくないので、せめて7回で3つまで。

四球が7回で3つ以内に抑えれる制球力がつけばそうそう点は取られないと思います。

何せ今の出来ではまだまだ1軍は無理なような気がします。

早く戻ってきて欲しいのはやまやまですが、せめて一昨年の状態に戻してから1軍復帰されることを願います。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする